KUTVニュース

高知県内約80企業にSDGs推進企業の登録証を授与

高知県は、SDGsの取り組みを進めるテレビ高知など県内およそ80の企業にSDGs推進企業としての登録証を手渡しました。

県は去年から県内企業を対象にSDGsの取り組みを促していて、ビジネスや人材確保につなげてもらおうと様々な活動を行っています。高知市のかるぽーとで行われた「こうちSDGs推進セミナー」では、SDGsの活動を行う企業を広めようと、大学生が作成したガイドブックが発表されました。ガイドブックには、環境への配慮を進めている企業や社員の働きがいを目標とする企業など15社の活動が紹介されています。

「私は2社の企業に行ったんですけれど、分野が違っていて分野に対するアプローチの仕方などを取材することによって、SDGsのアプローチの仕方を知ることができてよかった。」(県立大学3年 山本珠希さん)

「今、(SDGsを)取り組んでいない企業が多いと思う。そういう企業がガイドブックを参考にしてこれからSDGsに取り組んでいこうとか2030年に向けて自分の企業がどうなって欲しいか考えるきっかけになって欲しい」(高知大学3年 兒玉有加さん)

またセミナーでは濵田省司知事がSDGsの活動を行っているテレビ高知を含む県内84の企業へSDGs推進企業の登録証を授与しました。県の担当者は予定していた目標数を大幅に超えたことから驚きを隠せなかったといいます。

「嬉しい悲鳴でして、70社くらい登録があればよいと思っていたが、はるかに超えて84社ということで、本当に県内の事業者の関心が高いことがよく分かった。できれば200社、300社を目指していきたい。」(高知県産業振興推進部 沖本健二部長)

県は今後、一層、県内の企業へSDGs推進企業の登録を進めていく考えです。