KUTVニュース

ゴルフ場で人命救助訓練 高知・芸西村

1秒でも早く応急処置を施し患者を病院に搬送しようと、ドクターヘリを使った救助訓練が高知県芸西村のゴルフ場で行われました。

救助訓練は芸西村の「Kochi黒潮カントリークラブ」が消防などと合同で行いました。ゴルフ場内で救急患者が出たという想定で、出動要請を受けたドクターヘリがゴルフ場に到着。グリーン上に横たわった患者のもとに医師や看護師が向かい、心肺蘇生や人工呼吸などを施しました。命を救うためには1分1秒でも早く患者のもとを訪れ、応急処置を施した上で、病院に搬送する必要があります。このゴルフ場はドクターヘリを使った場合、高知市からおよそ5分で到着が可能で、救急車を呼んだ場合と比べ10分ほど時間を短縮できるといいます。

「着陸する時に現場の安全確保はヘリだけではできない。地域の人の協力がとても大切」(高知医療センター 齋坂雄一 医師)

「万が一あってはならないが、お客さんの具合が悪くなった時など俊敏な対応ができたらと思う」(Kochi黒潮カントリークラブ 浦松裕二郎 支配人)

「Kochi黒潮カントリークラブ」は迅速な救助活動ができるよう今後も関係機関と連携し訓練を行うことにしています。