KUTVニュース

「ぞんぞん」する話の数々

朝晩すっかり涼しくなり、暦の上では秋なんですが、日中はまだまだ暑い日が続いていますよね。残暑が本当に厳しい・・・えっ!?(スタジオが暗くなり、青白く浮かび上がる平賀アナウンサー、それに驚く藤崎・尾崎アナウンサー)

「お二人、今『ぞんぞん』しませんでしたか?」驚かせてすみません。新人アナウンサーの平賀吏桜です。「ぞんぞん」、土佐弁で「寒気がする」という意味ですよね。先ほどとは比べ物にならないくらい「ぞんぞん」する話が、高知県立歴史民俗資料館に集まっているんです。

「こちらに『ぞんぞん』する史料が集まっているんです。少し怖いですが楽しみです。」(平賀アナウンサー)

南国市の県立歴史民族資料館が30周年を記念して開いている「ぞんコレ!~知れば知るほどゾンゾンするれきみんコレクション~」です。展示されているのは、一見何の変哲もない人形や手紙なんですが、これらの史料の背景には、ぞんぞんする話があるんです。15万点ある歴史民俗資料館の中でも選りすぐりの14点を展示しているんです。案内してくださるのは学芸員の那須さんです。

史料を見るだけでは分からない世界。ぞんぞんしてきませんか?ここで、ぞんぞんするお話を。

こちらは、坂本龍馬とも信仰の深かった幕末の志士、平井収二郎の辞世の句です。どこが文字が飛び飛びで書かれていますね。実はこの紙に光をあててみると、文字が浮かびあがります。実は、爪で紙にあとをつけて辞世の句を書いているんです。獄中では墨も、筆も与えられなかったので爪で自分の気持ちを残すしか方法がなかったのです。土佐勤王党の志士として活躍していた平井収二郎ですが、土佐藩主山内容堂の怒りを買い、切腹を命じられます。29歳(諸説あり)の若さでこの世を去った平井収二郎の無念の思いが伝わってきます。

ほかにもぞんぞんする話はまだまだありますよ。

いかがでしたか?他にも一見可愛らしい人形なのに、その裏には鳥肌が立つようなぞんぞんする話が隠れているものなど、まだまだぞんぞんする史料がありました。史料の背景に隠されたストーリーを知り、謎の先を自分なりに考えられることで史料に対する興味が深まり、ほかの史料にはどんなエピソードが隠されているのかも気になってくるな、と感じました。

「ぞんコレ!~知れば知るほどゾンゾンするれきみんコレクション~」は、11月23日まで開かれています。