KUTVニュース

「秋が一番怖いシーズン…」この時期要注意!スズメバチの駆除に密着

暑さが和らぐこの時期、特に注意が必要なのがスズメバチです。刺されると死に至ることもあります。スズメバチを駆除する「ハンター」に密着しました。

巨大なスズメバチの巣!主は「キイロスズメバチ」で、巣に近づいただけで攻撃してくるほど狂暴です。

高知県南国市の害虫駆除業者「サンノック」代表の乾登貴さん。この道20年以上のベテランで、毎年この時期は多くの依頼があるいいます。けさ乾さんが向かったのは、南国市の八京地区にある空き家。軒下には大きな巣がぶら下がっています。

「あっという間に大きくなります。もう、1500~2000匹くらいおります、この中に」(乾登貴さん)

ハチは黒い色に攻撃的になるため、白い防護服に着替えて駆除にあたります。殺虫スプレーを吹きかけると…

この時期、巣の中では来年の女王バチが生まれてくるため、ハチは巣を守ろうと特に攻撃的になります。

「うわ…めっちゃ攻撃的やん…勘弁してくれや… うわうわうわ…」(乾さん)

殺虫剤で十分にハチを弱らせ巣を取り除いていきます。

巣の大きさは直径およそ50センチ。「巣盤」と呼ばれる層が5層にわたっていました。今年は先月の長雨の影響で、人の生活圏で巣を作ることが多いということです。

2件目は南国市白木谷の住宅の納屋。ここにスズメバチがいるということですが…いました、こちらもキイロスズメバチ。屋根裏に巣を作っていました。

万が一刺されてしまったら、ハチの毒を水で洗い流し早めに病院へ行く必要があります。ハチに刺されると「アナフィラキシーショック」を引き起こすことがあり、厚生労働省によりますと毎年全国で20人前後が死亡しています。

この現場では屋根裏のハチの巣を取り出すことはできず、殺虫スプレーを吹きかけてハチの出入り口をふさぐ処置を施しました。

「秋が一番怖いシーズン。スズメバチを見つけたら自分で何とかしようとせずにしゃがんで後ずさりする」(乾さん)

スズメバチは「横の動作」に敏感に反応するため、遭遇してしまった時は、手で払わず姿勢を低くしてその場を離れることが重要です。これからしばらくは狂暴なスズメバチへの注意が必要です。