KUTVニュース

高知県中部・東部に大雨警報 夕方にかけ土砂災害に警戒を

前線や低気圧の影響で高知県内では降り始めからの雨量が1000ミリを超えたところがあります。これまでの大雨で地盤が緩んでいることから、気象台は夕方にかけて土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

前線や低気圧に向かって流れ込む暖かく湿った空気の影響で、県内は大気の状態が非常に不安定となっていて、前線の活動が活発な状態が続いています。前線はあすにかけて日本付近に停滞する見込みです。

「安芸市を流れる安芸川です。川の水はかなり増水していて、流れも速くなっています。」(尾崎アナウンサー)

安芸市ではきょう午前3時50分までの24時間に271.5ミリの雨を観測。11日の降り始めからきょう午前10時までの雨量は、馬路村魚梁瀬で1041.5ミリと1000ミリを超えたのをはじめ、香美市大栃で637ミリ、室戸市佐喜浜で596ミリなど各地で大雨となっています。現在、県中部と東部の9市町村に大雨警報が。香美市、安田町では大雨警戒レベル3の高齢者等避難が発表されています。

あす朝6時までに予想される24時間雨量は中部・東部で180ミリ、西部で150ミリ、その後、あさって朝6時までに予想される24時間雨量は全域で100ミリから150ミリとなっています。気象台は夕方にかけて土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

大雨の影響でJR土讃線は特急列車が高知ー阿波池田間、普通列車が土佐山田ー大歩危間で始発から運転を見合わせています。

「代わりになる飛行機とか探しているんですけど、あまりなさそう。不安ですね、頼れる人がいないので。」(利用客)

「バスで行こうかと思っていたんですけど、バスも満席みたいで困っています。きょうはあきらめるしかないかなと思っています。」(利用客)

また、土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線も安芸と奈半利の間で始発から運転を見合わせています。