Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イブニングKOCHI

番組情報
番組名

イブニングKOCHI

放送時間
月~金 ごご6時15分
番組紹介

今日一日の高知の出来事はイブニングKOCHIから

友だち追加

食品ロスをなくそう!

まだ食べられるものを捨ててしまう「食品ロス」を減らそうとキャラクターが量販店に登場しました。

サニーマート山手店に登場したのは「もぐにぃ」。食品ロス削減を呼びかける愛嬌たっぷりなリスのキャラクターで、家族連れに大人気でした。

食べ残しや賞味期限切れ食品など、まだ食べられるのに廃棄されている食べ物=「食品ロス」は、日本で年間およそ640万トン出ていると言われています。

高知県内のサニーマート全店では、賞味期限・消費期限が近づいた商品に貼られているもぐにぃのシールを集めると特典がもらえるなどのキャンペーンが行われています。

あすは、サニーマート中万々店にもぐにぃがやってきます。


高知初出店!『大戸屋』がオープン

国内350店舗海外8カ国に115店舗を展開する定食屋チェーン「大戸屋」が高知市に初出店しました。全て手作りにこだわっています。

高知市にきょうオープンした大戸屋知寄町店です。開店を待ちわびたお客さんで行列が。

午前11時に開店すると店内80席あるテーブルが次々と埋まり厨房はフル回転です。

こちらのこだわりはメニュー全て店内で調理加工しているところ。素材の良さを伝えたいと手作りにこだわっています。

フランチャイズ経営をするのは県内で人気チェーン店など10店舗以上を運営するカワマートです。

大戸屋は地域の人に繰り返し利用していただけるよう、地産地消を促進するメニュー開発などを行っていきたいと話しています。


高知県議会 産廃処分場についても説明

6月高知県議会が開会しました。尾﨑知事は新しい管理型産業廃棄物最終処分場について、建設予定地となっている佐川町が、施設整備を受け入れた場合、速やかに関連予算案を県議会に提出する考えを示しました。

きょう開会した県議会6月定例会で、尾﨑知事は新しい管理型産業廃棄物最終処分場の整備事業について説明しました。

県は佐川町加茂を最終処分場の建設予定地に決めていて、先月31日に佐川町に施設整備の受け入れを求めています。これを佐川町が承諾した場合、県は建設予定地の地質調査や施設の具体的な設計などに速やかに着手したい考えで、尾﨑知事は早ければ6月議会で関連予算案を提出する方針を示しました。

「これらの調査の結果は住民の皆様に節目節目に明らかにすると共に、仮にも同調査の結果施設整備にとって致命的な事項が明らかになった場合には同地区における整備を中止することも想定しております」(尾﨑正直知事)

佐川町はあさっての日曜日に施設整備の受け入れの可否について、住民に回答する予定です。

6月県議会には一般会計で総額4億4000万円あまりの補正予算案など14議案が提出されました。


様々な視点で切り取る高知 写真展

高知県内のアマチュア写真家らで構成される「写団よさこい」の写真展が高知市で開かれています。高知の自然や祭りなどが様々な視点で切り取られています。

香美市物部町の八重桜です。高知出身の写真家で、写真展の主催者=岩崎 勇さんの作品です。

「写団よさこい」は平成14年に岩崎さんを中心に発足し、毎年写真展を開いています。今年も自然・祭り・人など、個性溢れる作品およそ60点が展示されています。

なかには全国のコンテストでグランプリを受賞した作品もあります

こちらは去年のよさこい祭りで撮影された作品です。撮影したのは、30年間よさこい祭りを撮り続けている男性です。

「平成元年に愛媛から高知へ転勤の関係で帰ってきましたので、それから毎年撮っています。躍動感と華やかなところですかね。」

こちらは「認知症の母と過ごした時間」と題した作品。母親との日々を写真に残しています。

「デイサービスが休みのときに私があちこちコスモスとか紅葉とかあじさい祭りとか自分も楽しみもって行ってました。最後に残るのは写真しかないし、人間の記憶は薄れていくものですし、思い出として残しておきたいなと思って撮っていきました」

写真展は今月16日(日)まで、高知市のかるぽーとで開かれています。入場は無料です。


無線の連携で犯人追う!警察とタクシー会社が訓練

強盗事件を起こした2人組の犯人が、タクシーを使って逃走を続けているという想定で、警察とタクシー会社合同の訓練が行われました。訓練の鍵は、「タクシー無線の連携」です。

訓練は、2人の金融機関強盗犯が、タクシーを乗り継いで、逃走するという想定です。

事件の発生直後、高知県警本部の通信指令課にも110番通報が入りました。

県警は県内のタクシー会社に協力を要請。犯人の特徴が無線で伝えられます。

警察は、タクシーからの情報を元に検問を設けました。タクシーに乗っていた2人組に職務質問をすると。

「犯人はすぐわかりましたね。2人組とか特徴を無線で言ってくれていたので冷静に行動に移せるように、普段からしておきたいと思いました」