KUTVニュース

秋空のもとコスモス咲く 高知・宿毛市

きょうの高知県内は朝から青空が広がりました。高知県宿毛市では住民たちが育てたコスモスの花が咲き、見ごろを迎えようとしています。

コスモスの花が一面に咲いているのは宿毛市山奈町の米どころ、山田地区です。環境保全に取り組む地元の農家グループ、「山農会」が地区を花で彩り、訪れる人を楽しませようと3年前から秋に、田んぼをコスモス畑にする活動を行っています。今年も稲刈りを終えた田んぼを耕し、8月下旬に8面の田んぼ合わせて2.3ヘクタールに種を蒔きました。例年より10日ほど遅く咲き始めたコスモスは、いま6分咲き程度で、今週末から来週始めにかけて満開になりそうです。きのう降った雨の名残でしょうか。きょう午前中は葉や花びらが水滴でしっとりとなっていて青空によく映えていました。

「花、大好きですので。穏やかな気持ちになります。癒されます。」

「花でも見たら気が晴れらせんかと思って来たがよ。きれいなね、やっぱり…。」

けさの最低気温は梼原で6.4℃、窪川で7.7℃、宿毛で10.4℃といずれも平年値を下回り、11月上旬から中旬並となりました。宿毛市の“山田のコスモス”は来月中旬までが見ごろだということです


子育てママをハロウィーン撮影で応援

毎日、育児に励んでいるお母さんへの応援企画です。今月末のハロウィーンに合わせ、子育て中のお母さんと子どもたちを対象にしたプロカメラマンによる撮影会が開かれました。

この撮影会は、高知市を中心に活動する子育てサークルなどが「コロナ禍でイベントを楽しむ機会が少なくなった親子のために」と去年から始めた企画です。今年は13組の親子が参加しました。ミツバチのカチューシャやカボチャのドレスなど、用意された仮装グッズの中から、好きなものを選んで、プロのカメラマンに撮影してもらいます。

こちらは1歳3か月の男の子。カボチャのオブジェに興味津々です。

生後3か月の男の子もお母さんと一緒にかわいらしい表情をカメラに向けていました。

「コロナで写真を撮る機会も減っているのでプロの人に綺麗に撮ってもらえてよかった。」

「パパと子どもの写真ばかりで子どもと写真を撮る機会がないのでよかった。」

主催した子育てサークルは今後も、親子で楽しめるイベントを続けていく考えです。


高校生のいの町PV制作が大詰め 高知・いの町

高知県いの町の高校生が、地域を元気にしようとよさこいチームと一緒にまちのプロモーション動画を制作しています。来月の公開を目指していて、いま編集作業が大詰めを迎えています。

力強い音楽とともに舞う踊り子たち。今年8月に、プロモーション動画が撮影されたときの様子です。いの町では、自然や食の魅力などを県外や海外にも広めようと、伊野商業高校で映像を学ぶ2年生の14人がメガホンを取り、演出、撮影、編集、すべて生徒たちが主体となって動画を制作しています。

完成に向けて編集作業は大詰めを迎えました。生徒たちは週に4時間という限られた時間で、初めての編集に挑戦しています。

「映像を撮りに行く過程でここを撮っておけばよかったな思うところがたくさん出てきますね・・・映像で撮ってある踊りと音楽を合わせるところがすごく苦労しました。皆で頑張って協力しながらつくっている。」(伊野商業高校2年 片岡明将さん)

きょうは動画に出演している絆国際チームのメンバーも駆け付け、意見を出し合いながらこだわりの詰まった動画に仕上げていきました。

「もう少し詰めたいところがたくさんあるので、いかに期限に間に合わせてかっちりつくるかが勝負だと思う。」(伊野商業高校2年 片岡明将さん)

「あとすこしの編集で完成するのでみんなで頑張っていきたい。」(伊野商業高校2年 椋本静奈さん)

「いの町のいいところを動画で伝えられたら。」(伊野商業高校2年 谷井柚希乃さん)

動画は早ければ来月末に完成しいの町のホームページなどで公開される予定です。


都市対抗野球出場の四国銀行野球部にエール

東京ドームを舞台に社会人野球の頂点を決める都市対抗野球のニュースです。2年連続で四国の代表として出場する四国銀行野球部に高知市の岡﨑誠也市長がエールを送りました。

四国銀行野球部は、来月に開幕する都市対抗野球に四国の代表として出場します。2年連続20回目となります。きょうは、大田良継部長、町田明謙副部長、中川毅監督の3人が高知市役所を訪れ、岡崎誠也市長が去年のベスト8進出を踏まえて、「今年も頑張って欲しい」とエールを送りました。そのうえで岡﨑市長は今年のドラフト会議で日本ハムファイターズから3巡目指名を受けた水野達稀選手擁する強豪・香川代表のJR四国を破ったことや、エースの菊池大樹投手の好投を称えました。中川監督は、高知市の旗を受け取ると県民への感謝を語りました。

「野球部員がいろいろな所で(県民の方々に)お世話になっているということは、私も若い頃から感じておりますし、今の選手が野球をやれるのも全て高知県の皆さまが応援してくれているからだと思っております。感謝の気持ちをいい結果で報告できたらなと思っております。」(中川毅監督)

四国銀行は、来月29日に初戦に臨むことになっていて東広島市の伯和ビクトリーズと対戦します。


新型コロナ 高知県内2日連続で感染確認なし

高知県内では、きのうに続き、きょうも新たな感染確認の発表はありませんでした。県は対応ステージの目安を警戒から注意へと引き下げたうえで、引き続き感染防止対策を徹底するよう呼びかけています。

県内では2日連続で新型コロナの新たな患者が確認されなかったことが明らかになりました。県は直近7日間の新規患者が2日間連続で14人未満となっていることなどを踏まえ対応ステージの目安を9日ぶりに「警戒」から「注意」へ引き下げました。しかし「気がゆるむと再び感染拡大の恐れが出てくる」として、引き続きマスクや手洗いなど感染防止対策を徹底するよう呼びかけています。