KUTVニュース

今月30日に引退相撲 高知県安芸市出身 元関脇栃煌山の思い

おととし7月に現役引退を表明した高知県安芸市出身の大相撲元関脇・栃煌山。新型コロナの影響で引退相撲ができずにいましたが、今月30日に東京・両国国技館で行われることになりました。清見潟親方襲名披露も同時に行われます。引退相撲を前に栃煌山に思いを聞きました。とっておきの秘蔵話もありますよ。

「大相撲の世界は子どものころから夢の世界だった。中学生の時に初めて個人のタイトルで全国大会で優勝することができたので、その時に、高校卒業したらこの世界に入りたいっていう思いが心の中に決まりましたね。」(栃煌山)

栃煌山は1987年・昭和62年3月に安芸市で生まれました。小学生の時に祖父の影響で相撲をはじめます。全日本小学生相撲優勝大会でベスト8に入るなど力をつけ、中学3年の時には中学横綱となりました。

「正直稽古がいやでね、逃げた時もありましたけど。試合にいくと勝ちたいという気持ちが強かったですし。しっかり頑張ろうって思えた時からは相撲一筋というか。相撲好きになってきた。」(栃煌山)

明徳義塾高校を経て春日野部屋に入門。2005年・平成17年に初土俵を踏みました。そして、2020年7月場所で引退を表明するまで、殊勲賞2回、敢闘賞2回、技能賞2回、金星を6回挙げています。金星を挙げた6回のうち3回は元横綱・稀勢の里戦でした。

栃煌山が現役時代からよく訪れるという台湾料理店「生駒」(いこま)には稀勢の里との写真が。栃煌山が旭天鵬に敗れ惜しくも優勝を逃した2012年5月場所では互いに優勝争いを繰り広げました。

「私もくやしくて眠れないというのもあったので、部屋の行司さんとかお付の方と一緒にこのお店の大将にお願いして、お店閉まった後に開けてくれませんかって電話して。そこでみんなで食事していたら稀勢の里関からたまたま連絡がきて。結構遅い時間だったんですが、いまどこにいるんだ、みたいなね。で、本当に千葉の方から車できて、この日は朝までくやしい話をしたり、ああだなこうだなという話をしながら時間を過ごしました。」(栃煌山)

「いろんな話をしましたね、もっと頑張らないかんな、みたいな話もしましたしあとはもう酔っぱらって。心のなかでどこかで悔しい気持ちはあったので。そこを・・・土俵じゃなかったですけどね、テーブルの上でぶつけあって。懐かしいですね、本当に」(栃煌山)

生駒のご主人、小池光雄さんは栃煌山についてこう話します。

「優しすぎてそれが玉にきず。結構芯があるんだけど、なんか優しすぎるね。」(小池光雄さん)

そして、稀勢の里との一夜を振り返り、栃煌山の今後にエールを送りました。

「くやしさを紛らわせたんじゃない?(取組を)みてて悔しかったよ。でもそのくやしさが今度若い人を育てるのにいい方向に向いていくんじゃないの。一回そういう風に味わえば。」(小池光雄さん)

今後は春日野部屋付きの清見潟親方として後進の指導にあたることになります。

「もう一つ、もう二つ、番付が上に行きたかったですし、優勝もしてみたかったですけど、そこまでたどりつけなかったのは自分の努力が一つ足りなかったのか、何かが欠けていたのかなあという思いもありますし。小学生の時から相撲を始めて、自分らしい相撲というか逃げないで真っ向から勝負する、栃煌山らしい相撲がこの15年間、その前の小中高もそうですけどそこはできたと思うので、そこに関しては、満足していますし、でもまあ、もう一つね、行きたかったなあ、と・・・そこはね、これからのね、指導していく子たちに託していきたいと思います」(栃煌山)


デイサービス利用の子どもたち 重機やドローンの操縦を体験

障がいがある子どもたちが工事現場で建設業の仕事を学びました。重機やドローンの操縦も体験し、身近に感じられたようです。

建設業の仕事について学んだのは、障がいがある子ども向けのデイサービス施設「アビリティキッズ」を利用する小学1年生から中学3年生までの子どもたちです。施設では社会性や礼儀などを身に付ける学習のほか、課外学習として就労に向けた職業体験や見学を実施しています。仕事内容の説明を受けた子どもたちは、メモを取るなどして熱心に耳を傾けていました。

続いて実際の工事現場に移動し、機械の操縦を体験します。ショベルカーで土を掘ったり的の輪にドローンを通したりした子どもたち。建設業の仕事を身近に感じられたようです。

「すごく難しかったけど頑張って挑戦したら楽しかったです」

「いろいろな操縦の仕方やボタンがあってすごいと思いました。僕たちのためにいろんな施設とか家とか橋を作ってくれてありがたいと思いました」


南国市で企画展 高知から宇宙へ飛び出そう!

8日から三連休という人も多いのではないでしょうか。高知県南国市の海洋堂スペースファクトリーなんこくでは、宇宙を身近に感じることができる企画展が開かれています。

企画展は去年、高知高専の学生らが超小型の人工衛星「KOSENー1」を開発したのをきっかけに、海洋堂スペースファクトリーなんこくと高知みらい科学館が開いています。壮大な宇宙を身近に感じてもらうことがねらいで、会場には宇宙に関する模型や写真など111点が展示されています。

「人工衛星、KOSEN1の模型です。超小型とは聞いていましたがこれほど小さいとは思いませんでした。500ミリリットルのペットボトルぐらいの大きさでしょうか、これがロケットに搭載されると思うと不思議な感じがします。」

こちらのミニチュアは、施設のスタッフがアルミホイルや折り紙などを組み合わせて、アポロ11号の月面着陸の様子を再現しています。宇宙船のパーツや影など細部まで作り込まれていて、普段体験することのできない世界観や雰囲気を楽しむことができます。

「こちらが高知工科大学のロケットエンジン開発のブースです。ロケットエンジンを作るのにこれだけの企業が部品の製作に携わっているんです。エンジン開発の大変さが伝わってきます。」

このほかJAXA=宇宙航空研究開発機構が開発したロケット「イプシロンロケット5号機」の模型などが展示されていて、世界の技術力を肌で感じることができます。

「宇宙はこんなふうになっているんだなということが勉強になった。」

「ここまで宇宙について見たことがなかったので楽しそうにしていました。」

「高校生や大学生が宇宙に挑戦しているという部分で、みんなも挑戦してみようかなと思ってもらえたらありがたい。」(海洋堂高知 今久保康夫 事務局長)

企画展は来月27日まで南国市の海洋堂スペースファクトリーなんこくで開かれています。


「労災隠し」問題 高知県建設業協会 会長代行を新たに選任

高知市の建設会社が去年、工事現場で作業員が大けがをした事故の報告を怠っていたことが分かりました。この会社の社長は県建設業協会の会長を辞任していて、7日に会長代行が新たに選任されました。

高知市の建設会社「轟組」によりますと、先月、高知東部自動車道南国安芸道路の工事現場で、クレーンで吊るした重さ100キロの木の型枠が落下。男性作業員に当たりました。男性作業員は下請け会社の社員で、脊髄を損傷し、右足を骨折する大けがをしたにも関わらず、轟組の幹部社員は工事用車両で病院に運び、会社に事故の報告をしなかったということです。この問題を受け轟組は事故調査委員会を立ち上げるとともに、吉村文次社長が「二度と過ちを起こさないよう猛省し、信頼回復に向け業務に取り組む」というコメントを発表しています。

吉村社長は県建設業協会の会長を務めていましたが、今回の責任を取る形で先月24日に辞任しています。県建設業協会は7日に臨時の理事会を開き、香美市の西野建設の西野精晃社長が当面の間、会長代行を務めることを正式に決めました。


知事「第6波は時間の問題」 4人感染確認 オミクロン株市中感染疑いも

高知県内で新たに4人の感染が確認されました。一人は県内でオミクロン株に市中感染した疑いがあり、県は対応のステージをこれまでの「感染観察」から「注意」に引き上げました。濵田知事は「第6波は時間の問題」と危機感を示しました。

新たに感染が確認されたのは20代から60代までの男女4人です。3人の感染経路が分かっておらず、このうち1人は、デルタ株の検査が陰性で、オミクロン株とみられています。県内ではこれまでに、県外から帰省した1人がオミクロン株と確認。同じく県外から帰省した1人がオミクロン株の疑いがありますが、きょう発表された患者は県外との往来や、県外から来た人との接触はなく、県内でオミクロン株に市中感染した疑いがあります。県内の市中感染は初めてのケースです。濵田知事は全国的な感染拡大状況について「尋常ではないスピード」と述べ、第6波が目の前に迫っていると危機感を示しました。

「第6波が本県に押し寄せるのも時間の問題であると考えておかなければならない。(第6波の)感染の波を県民と心を一つにしてしっかりと乗り越えたい」(濵田知事)

県は対策本部会議を開き、対応ステージを「注意」に引き上げました。加えてまん延防止等重点措置が適用される沖縄、広島、山口との往来を「極力控えて」と呼びかけました。また、高知新港で行われている臨時のPCR検査センターについて今月16日まで延長することも決めました。