KUTVニュース

人気で売り切れの福袋も 高知市のデパートで初売り【高知】

高知市の高知大丸は2日が初売り。福袋を買い求める大勢の人たちでにぎわいました。

高知大丸では開店前から限定の福袋などを求めて、コロナ前と変わらないおよそ500人が長蛇の列をつくりました。

開店と同時にお目当ての店舗へと急ぎます。

今年の福袋の数はおよそ4200個!感染防止対策として今年から新たに一部の福袋では事前のWeb販売も実施しました。2日は開店から30分足らずで売り切れとなる店舗も相次ぐほど、大勢の買い物客でにぎわいました。

 


県内でオミクロン株初確認【高知】

高知県内で2日、新たな新型コロナウイルスの感染確認はありませんでした。

一方で県は、先月31日に感染が確認された香美市の専門学校生について検査の結果、オミクロン株が確認されたことを明らかにしました。

「本日、オミクロン株であることが確認されました。高知県内での市中感染ではないと思われます」

オミクロン株が確認されたのは香美市の専門学校生です。この生徒は先月27日に中国地方から帰省。その後発熱し、陽性であったことから治療を受けています。その後のウイルス検査の結果について県はオミクロン株が確認されたことを明らかにしました。県内でオミクロン株が確認されたのは始めてですがこの生徒は、帰省前から症状が見られていたため、県は「県内での市中感染ではない」という見解を示しています。そのうえで4日からの5日間、高知新港に無料でPCR検査を受けることのできるセンターを開設することにしました。対象となるのは、不安を感じている無症状の県内在住者です。検査結果は翌日以降に判明する見込みで車でのアクセスが可能なほか、JR高知駅から無料のシャトルバスを1時間ごとに運行させることにしています。