KUTVニュース

撲滅!特殊詐欺  「若者と特殊詐欺の危険性」

シリーズでお伝えしている「撲滅!特殊詐欺」。ここからは取材にあたった京面アナウンサーとお伝えします。

きょうは若者と特殊詐欺の危険性についてお伝えします。今年に入って高知県内では、10代から20代の若者が詐欺事件に関わったとして相次いで逮捕されています。

今年2月、県警は県外に住む高齢者から現金をだまし取ったとして、男子高校生2人を含む男4人を逮捕しました。県警は4人の知人らも同じように詐欺に関わったとして、きょうまでに19歳から21歳までの男女4人を相次いで摘発。一連の事件での逮捕者は合わせて8人となっています。また、被害者は9人で、被害総額はおよそ1635万円に上っています。

8人は氏名不詳の別の人物と共謀し、特殊詐欺グループの一員となっていました。まず、氏名不詳の人物=共謀者が被害に遭った高齢者に「還付金がある」などとうその電話をかけ、巧みにATMに誘導して現金を振り込ませます。そして、振り込まれた現金を引き出したのがこの8人で、いわゆる「出し子」として詐欺に関わっていました。一連の事件について県警は、「他にも関係者がいる」とみて捜査を続けていて、詳細は明らかにしていません。今のところ、「8人全員が知人同士」ではなく「誰かと誰かが知り合い」という関係性が分かっていますが、このグループが詐欺に加担するきっかけとなったのは、「SNS」でした。

こちらはTwitterの画面です。「受け子のお仕事募集」とありますが、これは、特殊詐欺グループのメンバーを募る投稿と思われます。県警によりますと、最近はスマートフォンの普及で、SNSを通じて若者が犯罪に巻き込まれるケースが目立つといいます。

「SNSを通じて特殊詐欺グループと繋がりを持って犯罪に加担している事例も見られる。その原因として若者の中で『小遣い欲しさ』という安易な考えからSNSを通じて犯罪グループと繋がりを持つことなどが挙げられる」(県警 少年女性生活安全課 八木泰志 企画担当課長補佐)

社会のことをよく知らず、「お金が欲しい」という思いが強い若者が、軽い気持ちでSNSの投稿に目を付け特殊詐欺に加担してしまうといいます。

県警でも啓発活動を行っていますが、「若者だけでなく社会全体での取り組みが必要だ」と話します。

「若い世代からSNSの安易な利用の危険性について知ってもらうべく、保護者・社会を含めた全体的な取り組みが必要になってくる。若者が犯罪の加害者にも被害者にもならないような呼びかけを今後も続けていきたい」(県警 少年女性生活安全課 八木泰志 企画担当課長補佐)

特殊詐欺に加担する若者の多くが、「受け子」や「出し子」など現金を受け取ったり引き出したりする役割です。しかしこうした役割の若者は、グループ内で「捨て駒」として扱われることが多く、実際に今回の一連の事件でも、「出し子」の8人は逮捕されましたが、指示をしていた共謀者は逮捕されていません。

犯罪に加担してしまわないように、若い世代の皆さんは今一度、SNSの使い方を見直してみてはいかがでしょうか。そして保護者や周りの人は、自分の子どもや周りの若者のSNSの使い方を「気に掛ける」ことが重要です。


還付金詐欺 高知市の60代女性が200万円被害

「健康保険の払い戻しがある」などといった電話をきっかけに、高知市の60代女性が200万円あまりをだまし取られていたことがわかりました。

高知県警の調べによりますと、今月11日、高知市の60代女性の自宅に「健康保険の払い戻し金がある。近くのATMで手続きができる」などと電話がありました。女性はATMに誘導され、男から電話で指示を受けながらおよそ100万円を振り込みました。翌日も女性の自宅に「手続きがエラーになっている」などと電話があり、同様にATMに誘導された上、さらにおよそ100万円を振り込みました。通帳に記帳した際、口座から200万円あまりが振り込まれていることを不審に思った女性が金融機関に相談し、被害が発覚しました。県内では今年、7件の特殊詐欺被害があり、被害総額はおよそ870万円となっています。

県警は「ATMで還付金を受け取れるような電話がかかってきた場合は、すぐに警察へ相談するように」と呼びかけています。


専門学校生が挑戦 伝統の“千本巻き”コンテスト

ヘアメイクについて学ぶ高知市の専門学校生がパーマのロット1000本を決められた時間内に巻くコンテストに挑みました。生徒たちは真剣な表情で作業を進めていました。

千本巻きコンテストに参加したのは龍馬学園国際デザイン・ビューティカレッジ、美容総合学科の1年生と2年生合わせて55人です。コンテストは2004年から毎年行われていて、6時間以内に1000本のロットを練習用ウィッグにより早く、きれいに巻けるかを競います。技術面の向上だけでなく精神面や体力面を鍛えるという目的もあり、1年生と2年生が交流する貴重な機会になっています。

コンテストでの上位入賞を目指し練習を重ねてきた専門学校生たち。去年の最速タイム、4時間55分を更新しようと手早く、そして丁寧に作業を進めていました。

「去年と比べて、一年間それからやってきたので慣れてはきたんですけどやっぱり忍耐力がいるのでちょっと辛いです。」(美容総合学科2年 上山日菜子さん)

「2年生と初めて対面してやってほんとに2年生早いなって思って、自分も追いつけるように頑張りたいなって今後思います。」(美容総合学科1年 堀川遥加さん)

コンテストは午後5時まで行われ、7月にはヘアメイクに関する別のコンテストが校内で実施されるということです。


2年7か月ぶり 高知県内ガソリン価格160円台に

高知県内の1リットルあたりのレギュラーガソリンの店頭価格が160円台となりました。石油情報センターによりますと160円台に突入するのは2年7か月ぶりだということです。

「きのうまで158円だったレギュラーガソリンの表示価格が、162円と4円引き上げられています。」

けさ、高知市内の多くのガソリンスタンドではレギュラーガソリンの価格が引き上げられ、160円台となりました。全国の石油価格の調査などを行う「石油情報センター」によりますと、今月7日時点の全国のレギュラーガソリンの店頭価格は、1リットルあたり152.9円で、県内は158.2円でした。

県内でレギュラーガソリンの店頭価格が160円を超えるのは2018年11月以来、2年7か月ぶりです。

去年5月には新型コロナによる世界経済の後退の懸念などから、132円台まで下落しましたが、その後、ワクチン接種が始まり、ガソリンの需要が戻るという期待感から価格は徐々に上昇していました。

今回の値上げについて販売店はどう受け止めているのでしょうか。

「(ガソリン価格を)高い値段に上げるのは、購買意欲を削ってしまうので、(ガソリン価格を)上げたくはないけれども、海外の事情などで徐々に値上がりしているので、それに合わせて(ガソリン価格を)上げていかざるをえない。」(明神石油 明神秀樹さん)

給油に来た人の反応は。

「厳しいですね。家庭の財布に直撃しますので、これ以上、(ガソリン価格が)上がって欲しくない。」(給油に来た人)

「(ガソリン価格が)上がるのは分かっていた。今までは(ガソリン価格が)2円上がっていた。2円値上がりすると思っていたら、4円も上がったので、ちょっときついです。また(ガソリン価格が)下がれば良いのですけれども・・・」(給油に来た人)

石油情報センターによりますと世界経済の回復への期待が広がっていることなどから今週も値上がりの傾向が続くのではとしています。


延期の県体女子バレーボール決勝戦 開催に感謝の声も

新型コロナ感染拡大に伴い開幕が延期された県体=高知県高校体育大会女子バレーボールの決勝戦が行われました。日々の練習に大きな影響が出たという選手からは大会開催への感謝の声が聞かれました。

春季大会で新型コロナの集団感染が発生し、その後の活動に大きな影響を受けた県内高校女子バレーボール。県体の女子バレーボールは、当初、先月22日から24日まで行われる予定でしたが延期となり、おととい開幕しました。

最終日のきょうは高知と明徳義塾による決勝戦が無観客で行われました。

コートチェンジはせず、ラリー5回を目安にボールの消毒が行われるなど感染防止対策がとられました。

試合は1セットずつを取り合った第3セット。一進一退の攻防が続きます。

明徳義塾がテンポの良いプレーで点を取ると・・・

高知も力強いアタックを見せます。

迎えた高知のマッチポイント

高知高校が大会3連覇を果たし、全国大会への切符を手にしました。

試合後、選手や関係者からは大会の開催を喜ぶ声が聞かれました。

「コロナの影響で大会がなくなることなく、延期してでも開催されたことに感謝している。練習試合ができず、実践ができなかったがその分チームがまとまった。目標は全国で一勝することなので勝てるように頑張りたい。」(高知高校 小谷栞璃主将)

「感染させない、増えないという形でコート内で選手たちが一生懸命やってくれたので開催できてうれしく思う。」(全国高体連バレーボール専門部 小笠原剛 広報委員長)

優勝した高知は7月から北信越地方で開催されるインターハイ=全国高等学校総合体育大会に県代表として出場します。