KUTVニュース

「つなぐ、つながる」迅速な避難所開設へ香南市のアイデアグッズ

避難所の開設がこれまでの何倍も早くなる、高知県香南市の取り組みをご紹介します。その名も「区割りボックス」。何度も改良を重ねてきた、オリジナルのアイデアです。

香南市の広い体育館に、ポツンと置かれた箱。中に入っているのは、ロープです。

「災害時、避難所を開設するときに、時間がかかる区分けがすぐできるように作った箱。」

その名も「区割りボックス」。香南市が独自に考案したアイデアグッズです。

南海トラフ地震が発生した場合、避難所は基本的に住民が運営することになります。各避難所で役割分担のほか、どのようにして避難者を受け入れるか、限られたスペースをどう区割りするかなど検討が進められていますが、迅速な開設が最も大切です。

「体育館の中心から四隅に紐を引っ張ると形になる。」

実際に広げてもらうと。

「ゆっくり引っ張って。」

ロープを広げたあとはテープを使って端を固定。さらに区割りの線が分かりやすいよう、テープで印をつけていきます。ロープを広げるためにかかる時間はわずか1分。テープで印をつける時間を入れても、これまでにない速さで区割りができます。

市はこれまでに避難所に指定している7つの体育館の区割りボックスを作成。住民にも実際に使ってもらいながら、訓練を進めています。何度もバージョンアップを重ねながら、住民が使いやすい形を目指している最中です。

「区割りボックスもただの一例でしかないと思っている。住民の声から生まれたものだが、これを完成形だとは自分たちも思っていないので、またより早くより正確に誰がやってもできるように、まずはこれを使っての訓練をしなくては。住民にも浸透しないので繰り返して、日ごろから顔の見える関係を作っていきたい。」(香南市防災対策課 浜田省吾さん)

災害が起きた時には大勢の人が訪れ、混乱することも予想される避難所。香南市独自のアイデアが、住民の避難所運営を支えます。


「つなぐ、つながる」高齢者向け施設で消防訓練

高知市の高齢者向け施設では消防訓練が行われ、職員が利用者を避難させる手順などを確認しました。

訓練が行われたのは、高知市旭町のサービス付き高齢者向け住宅「いこいの森PLUS」です。1階厨房から出火し初期消火を試みたものの、延焼しているとの想定で行われ、職員3人と利用者2人が参加しました。職員は速やかに消防に通報した後、利用者を屋外に避難させていました。参加した施設の管理者は南海トラフ地震への備えの重要性も再認識していました。

「地震が起きて長期間にわたる避難になりそうなので、備蓄や、今コロナもあるので、長期間かけてフォローをしていかなければいけないと思います。」(いこいの森PLUS管理者 森江美さん)

施設は、年に2回防災訓練を行っていますが、今後、職員向けの防災勉強会の実施なども検討したいとしています。


「つなぐ、つながる」地面の下飛ぶドローン公開

ドローンと言えば空を飛ぶ無人航空機ですが、“地面の下を飛ぶ”ドローンが高知県須崎市で公開されました。このドローンが飛ぶのは下水管の中で、災害時での活用も期待されます。

直径およそ40センチの下水管の中。画面の奥、暗闇から光る物体が向かってきます。実はこれ、下水管の中を飛ぶドローンです。

このドローンは、下水管の中を調査するため、東京の上下水道設計会社などが開発し、きょう須崎市でデモンストレーション飛行が行われました。

須崎市では、市から委託された民間の会社が下水管の管理を行っていますが、その調査にこのほど最先端のドローンが使われることになりました。

全国では総延長およそ47万キロの下水管が通っていますが、調査にはこれまで事前の清掃などが必要で、コストがかかっていました。加えて1日に300mほどしか進まず、作業効率の向上が求められていました。

「経済的・効率的に、新しい技術を使って調査をやっていくということを目指して(ドローンでの)業務を決めた。」(クリンパートナーズ須崎 高井敦紀企画管理部長)

一般的なドローンはGPSで操作されていますが、地面の下の下水管の中は電波が届かない上、四方を囲まれているため飛行が安定しません。そこで、Wi-Fiやコンピューターを使って通信と飛行を安定させるとともに、特殊なセンサーで壁に当たらないよう設計されています。

こうしたドローンでの調査は、地震や津波など災害からの復旧においても有効だといいます。

「下水管のどこが塞がって使えなくなっているというのを早急に点検できるという点で、非常に地震後は有用。東日本大震災の時も、10年前はそういうのがなかったので、何日もかかって点検を人がやっていたが、ドローンで点検できるのは非常に効果がある。」(NJS 谷戸善彦取締役)

須崎市では今月8日までの1週間で、このドローンを使って市内の下水管の調査を集中的に行う予定で、今後、ドローンの本格的な導入を目指す予定です。


四万十川流域にひな人形 高知・四万十町

きょう3月3日は桃の節句です。四万十町の大正地域では「大正浪漫ひなまつり」が始まりました。

ひな人形を展示・公開する「四万十街道ひなまつり」には四万十川流域の4つの町と(四万十町、梼原町、中土佐町、津野町)四万十市の西土佐江川崎地域、愛媛県の2つの町(鬼北町、松野町)が参加しています。

このうち四万十町の大正地域では商店や住宅、事務所など36か所にひな人形を展示する「大正浪漫ひなまつり」が始まりました。初日のきょうは着物姿で商店街を歩くイベントが行われ、参加者はひな人形を眺めながら街歩きを楽しんでいました。

「着物を着たら、着せてもらったんですけど、それだけで幸せな気持ちになりました。」
「なかなか着る機会がないので、身が引きしまる、そんな感じですね。」

また、かや吹き屋根の旧門脇家住宅には七段などのひな飾りが、郷土資料館には筏下りのジオラマや古民具などと一緒にひな人形が展示されています。「大正浪漫ひなまつり」は今月31日までです。


春の北海道物産展 2年ぶり開催

北海道の海の幸やスイーツを一堂に集めた物産展が、高知大丸で始まりました。

「北海道物産展」は、春、夏、秋の年3回開かれていますが、去年の春は新型コロナの影響で中止となったため、2年ぶりの春の開催です。海の幸がてんこ盛りの海鮮丼や、ワイン漬けにしたやわらかい肉が特徴のステーキ弁当、酪農王国・北海道が誇る乳製品をふんだんに使ったスイーツなど、魅力あふれる味が並んでいます。本来であれば、高知大丸のバイヤーが現地に赴き、出店企業と商談しますが、新型コロナの影響で現地に行くことが難しく、今回、新規の出店は1店舗のみとなっています。

春の北海道物産展は、今月16日(火)まで、高知大丸で開かれています。