KUTVニュース

町の宝物を未来につなぐ 高知・津野町をトリップ

高知県内34市町村を時間とともに旅して、地域ならではの魅力を再発見する「からふるトリップ」。きょうは津野町です。自然が豊かで四万十川源流点の町としても知られる津野町を愛し、町の宝物を未来へつないでいこうとする人たちに出会いました。

「津野町・天狗高原に来ています。雪が積もっていて、一面真っ白。白銀の世界が広がっています。」(尾﨑アナウンサー)

高知と愛媛の県境に広がる四国カルスト。その雄大な自然を望める宿泊施設・天狗荘は6月末のリニューアルオープンに向けて工事が進められています。一体どのように生まれ変わるんでしょうか?

「これから工事がはじまりまして、天体望遠鏡やプラネタリウム、部屋の中から星空が見える『スタールーム』ができます。」(天狗荘 倉橋盛男支配人)

星空の大パノラマをさらに快適に楽しめる施設へと生まれ変わる天狗荘。標高およそ1400mから見る満天の星空はどんな感動を与えてくれるんでしょうか?からふるトリップ、きょうは天狗荘がある津野町です。

高知県中西部に位置する津野町は、面積のおよそ90%を山林が占める山間の町で、人口はおよそ5600人。四万十川の源流点があり、流域の風景は国の重要文化的景観に選ばれています。1100年以上にわたり受け継がれている伝統芸能「津野山古式神楽」は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。こうした町の歴史や文化、風土を学べる施設があります。

「こちらは、津野町で昔から使われてきた古い民具や歴史的な史料を保管・展示している施設です。」(津野町郷土資料館 田中勝幸学芸員)

郷土資料館には、町の人たちが暮らしの中で使っていた道具や農機具などが数多く展示されています。学芸員の田中さんがそのひとつひとつを分かりやすく丁寧に解説してくれます。館内には今では目にすることのない貴重な品々が並んでいます。

資料館の隣には、津野町出身の偉人が暮らしていた古民家があります。明治から昭和にかけて政財界で活躍した片岡直輝・直温の生家です。こちらは1996年に旧葉山村の村制40周年を記念して開かれた、片岡直輝と直温をたたえる顕彰碑除幕式の様子です。2人は兄弟で、貧しい家に生まれながらもそれを乗り越え、日本生命や大阪ガスといった大企業を設立。日本経済界の礎を築きました。今の建物は大正時代に修復され、資料館を訪れた人たちの休憩所として、また町民の憩いの場として活用されています。

続いて訪れたのは、道の駅布施ヶ坂。店内のレストランには山間部ならではのメニューがあります。地元の山で獲れたイノシシの肉を使った「ししカツみそラーメン」です。店内には津野町の特産品・お茶を使った加工品が並んでいます。シンプルでかわいらしいパッケージが目を引くこちらの商品は、煎茶に桃やレモンなどの香りを加えたフレーバーティーです。実はこの商品、県外から移住してきた一人の男性が手がけたものなんです。長野県から津野町に移住した地域おこし協力隊の三原大知さん29歳です。

津野町のお茶を売ることで町を元気にしたいと考えている三原さん。津野町への移住を決めたきっかけは。

津野町によりますと、茶畑の栽培面積は、高齢化や後継者不足を背景に、ここ30年ほどで3分の1にまで減少しているといいます。三原さんは耕作が行われなくなった土地を借り上げ、茶畑の再生に取り組んでいます。津野町のためにできることはなんでもやりたいと話す三原さんに目標を聞きました。津野町のお茶を守り育てるという大きな目標を胸に、茶畑の再生と商品開発に奮闘する三原さん。今年秋には町内に店をオープンしたいと話していました。

津野町のからふるトリップ、「町の宝物を未来につなげたい」という地域の人々の思いがあふれていました。


20日は「大寒」干物作りが盛んに 高知市

20日は二十四節気の1つ、大寒です。1年で寒さが最も厳しくなる頃とされています。高知市ではこの時期の風物詩=干物作りが最盛期を迎えています。

雲一つない青空の下、天日干しされている魚。高知市の御畳瀬地区は浦戸湾に面していて、およそ60年前から干物の町として知られています。地区で唯一の魚の加工店では、干物づくりが最盛期を迎えています。19日は朝から従業員らが手際よく網棚の上に旬の沖ウルメを並べ、店先に干していました。19日朝の最低気温は南国日章で氷点下0.5℃、高知市で1.6℃などこの時期らしい冷え込みとなりました。湿度が低く風が冷たかったため、天日干しには絶好の日和になったということです。

「天気の良い日が続いているので、すごくきれいに仕上がっています。沖ウルメの脂がおいしいと思うのでぜひお召し上がりいただきたい。」(干魚のやまさき 山﨑裕正代表)

週間天気予報によりますと、期間の前半は最高・最低気温ともに平年並みか平年より低いものの、後半は平年よりかなり高くなる見込みです。


シェフが出張 ホテルがキッチンカー営業を開始

高知市のホテルがシェフの味を届けようと、19日からキッチンカーでの料理の販売を始めました。

キッチンカーの営業を始めたのはホテル日航高知旭ロイヤルです。去年、コロナ禍で始めたテイクアウトが好評だったこともあり、自慢の料理を届けることにしました。19日は高知市の卸団地でランチを提供しました。

「チラシを見ておいしそうだなと思ったので来ました。普段、この時期なので行けないのですごくうれしい、楽しみです。」(客)

19日のメニューは3種類。ホテルで洋食を担当している橋田幸秀料理部長が腕をふるいます。健康志向でこちらの野菜カレーは動物性の食材を使わず、ベジタリアンも食べられます。

「高知の食材を使ったホテルのおいしい料理を食べて頂いて、元気になって頂きたい思いを届けるつもりでキッチンカーを始める運びとなりました。おうちで過ごす機会が多くなってきています。ぜひ多くの県内の人にホテルの味、シェフの味を届けられたらと思います。」(ホテル日航高知旭ロイヤル 藤谷直人さん)

ホテル日航高知旭ロイヤルのキッチンカーは基本的に30人以上の予約で出張するということです。問い合わせ先は088ー885-5155です。


新型コロナ 高知県内で新たに12人感染確認

新型コロナをめぐって、高知県内では新たに12人の感染が確認されました。このうち7人が、学校クラスターが発生したとされる高知中央高校の生徒で、残る5人の感染経路は不明です。

新たに感染が確認されたのは、高知市と中央東・須崎福祉保健所管内に住む10代から90代までの男女12人です。学校クラスターが発生したとされる高知中央高校をめぐっては、野球部などに所属する男子生徒7人の感染が確認され、このうち6人が部活の寮に住んでいるということです。いずれも軽症です。野球部での感染確認はこれで9人となり、学校ではこれまでに教員2人、生徒21人の感染が確認されています。このほか、高知市の60代男性と須崎福祉保健所管内の90代女性は、すでに酸素投与が必要な中等症だということです。県内での感染確認は791人となり、入院が必要な人は57人。重症患者は4人で、酸素投与が必要な中等症は5人となっています。

県は、引き続き感染防止対策を徹底するよう呼びかけています。


高知県内で交通死亡事故相次ぐ

高知県内では19日、死亡事故が相次ぎ、2人が犠牲となりました。今年に入って交通事故による死者は6人となり、県警はあすから取締りやパトロールを強化することにしています。

19日午前7時ごろ、高知市池の高知医療センター前の県道で、車3台が絡む事故がありました。高知東警察署の調べによりますと、対向車線から右折してきた車を避けようとした乗用車が、左斜め後ろを走っていた軽乗用車に接触。軽乗用車はその衝撃で信号機の柱に衝突しました。この事故で軽乗用車を運転していた高知市杉井流の会社員 井出亮太さんが胸を強く打ち、心肺停止の状態で病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。現場は見通しのいい片側2車線の道路で、警察が事故の状況などを詳しく調べています。

また、19日午前9時半ごろ、宿毛市小筑紫町の国道321号で、64歳の女性が運転する乗用車が橋の欄干に衝突しました。この事故で後部座席に乗っていた女性の父で92歳の濵田豊年さんが外傷性ショックのため死亡しました。現場は見通しの良い直線道路で、女性は濱田さんを病院に送る途中だったということです。

今年に入って交通事故による死者はこれで6人となり、県警はあすから取締りやパトロールを強化することにしています。