KUTVニュース

全国的に珍しい入浴剤を開発中 高知・南国市

高知県南国市に工場がある医薬品メーカーが、全国的にも珍しいという入浴剤の開発を進めています。この入浴剤のポイントは使われる材料です。一体何を使った入浴剤なのでしょうか。

創業70年を超える医薬品メーカー松田医薬品。医薬品のほか、せっけんや健康食品など多岐にわたる製品を製造しています。力を入れている製品の一つが、入浴剤。長年家庭のお風呂で愛されてきたものや、一流ホテルのスイートルームで使われているものなど、さまざまです。

新型コロナの影響で4月から5月にかけて出荷先の店が休業するなどしたことから、松田医薬品でも通常の2割ほど売り上げが減少しましたが、現在はほぼ通常通りにまで回復しています。そんな中、新たに始めたのが本来食べられるにも関わらず廃棄されてしまう食材などを使った、その名も「フードロス入浴剤」の開発です。

新型コロナの影響で、個人や業者などからの需要が減ったため、食材を廃棄せざるを得なくなった農家などから食材を受け取り、入浴剤に加工する取り組みです。これまでに香美市のゆずやしそ、それに四万十市のしょうがの生産者から入浴剤を作って欲しいと依頼がありました。

現在は開発段階だということで、ユズを使った入浴剤の試作の様子を見せていただきました。まず、乾燥させて細かく砕いたユズの皮に、20種類近くあるオイルから保湿効果のあるホホバオイルなどを混ぜて、ユズの皮からとれた精油を加えます。こうすることで湯に入れたときに香り立ちが良くなるということです。試作品を、湯の中に入れてもらいました。

「マスク越しでもいい香りが漂ってきます。湯触りがとてもなめらか。きれいな黄色。」(福島記者)

「ゆずのリモネンや精油成分がお湯のなかに溶け出している。代謝を促進し、健康な体づくりに役立ててもらえれば。」(松田医薬品製品事業部 二宮翔さん)

松田医薬品によりますと入浴剤でフードロスを防ごうという動きは、全国的にも珍しいということです。担当者に取り組みへの思いを聞きました。

「私たちは食品業者ではないので中心にいるとは思っていないが、自分たちらしく社会の問題に貢献出来れば。コロナ禍の影響で原材料の使い道に困っている生産者さんの応援が出来れば。」(松田医薬品製品事業部 二宮翔さん)

フードロス入浴剤は今年冬ごろに販売される予定です。松田医薬品では、新型コロナの影響で販路を失った農家などから今後も材料を仕入れ、フードロスを防ぎたい考えです。問い合わせは088ー862ー1666です。


高知県内百貨店が物産展を再開

高知大丸の目玉イベント、北海道物産展が1年ぶりにきょうから始まりました。新型コロナの影響が続く中、規模を縮小しての開催となっています。

「新鮮な海の幸が乗った海鮮弁当、分厚い牛肉がたっぷり入ったステーキなど、おいしいものを集めた北海道物産展。楽しみにしていたという人も多いのではないでしょうか?ただ今年は例年とは少し違ったものになっていました。」(尾﨑アナ)

高知大丸できょうから始まった「北海道物産展」。毎年、春・夏・秋の3回行われていますが、今年は、臨時休業などもあり春と夏が中止となりました。しかし、北海道物産展は人気のイベントで、開催を望む声も多かったことから、今回、感染防止対策をとった上で開催することにしました。高知大丸での物産展開催はおよそ半年ぶり、北海道物産展はおよそ1年ぶりだということです。毎回40店舗ほどの店が並びますが、今回は密を避けるため23店舗の出店としています。

「会場の面積は例年と同じですが店舗の数を減らしたため、通路が広くなっています。私が腕を広げても余るほどの幅があります。」(尾﨑アナ)

物産展の醍醐味、試食や試飲にも変化が。これまでは積極的に商品を試食してもらい、購入につなげていましたが、今年は多くの店が、客からの要望があれば試食に応じることにしています。

「店から積極的に食べてださい、ということは避けている。これから少しずつ新しい形に慣れてくれると思う。それを期待しています。」(わらじや営業部 石田秀幸部長)

水産物を販売するこちらの店の店員は「珍味は試食が命。」と話します。

「試食は大事、店によって味が違うので食べて納得してから買ってほしい。」
(Q.試食ない中どんな風にアピールしてますか?)
「気持ちでアピールしてます。初日なのでこれから2週間頑張りたい」(加藤水産 松木実さん)

コロナ禍で例年とは違う形でスタートした北海道物産展ですが、フロアは海産物や人気のスイーツなどを買い求める客で賑わっていました。

「少ないような感じはするね。『密』になったらいかんだろうから、それがあるんだろうけど。海産物のおいしそうなのがあったら買いたいね。」(客)

「私は何回か。」(女性客)
「僕は初めて。食材は珍しいしおいしい。」(男性客)
「北海道行きたくても行けないので、この時期だからこそ旅行気分でおいしいものを食べられてよかった。」(女性客)

高知大丸も今回の物産展の再開を、高知を活気づけるきっかけにしたいとしています。

「これからの手本になるような物産展にしてきたい。ひとつのきっかけとして商店街にも多くの人に来てもらい、活気のある高知を目指していきたい。」(高知大丸営業推進部 釣井寿仁さん)

この物産展は、高知市の高知大丸で今月22日まで開かれています。


高知県内女性経営者の団体 女性支援へ

高知県内の女性経営者らでつくる団体が、高知市の岡﨑誠也市長を表敬訪問しました。会では今後、働く女性の意見を募るなど女性の活躍を支える方針です。

岡﨑市長を訪問したのは、「高知女性経営者の会」です。女性経営者の活躍の場を広げようと去年から本格的に活動を始めていて、メンバーは、県内の女性経営者や経営に携わる女性26人です。高知は女性社長の比率が全国6位と経営に携わる女性が多い傾向にあります。岡﨑市長は「女性経営者同士の横の繋がりを強めてほしい。」とメッセージを贈りました。女性の働く環境をめぐっては、中田由季会長が「不都合を抱えながら働く女性は多い。」として、岡﨑市長に意見交換会の開催などを求めました。

「女性が社会進出をしていくうえで、『この部分がどうしても不具合がある』とかそういう『本当の意見』を今後広く女性経営者の会のメンバー同士で調査・研究していきたい。」(高知女性経営者の会 中田由季会長)

会では今後、働く女性の意見をアンケートで広く募るなど、女性の社会での活躍を支える活動を展開することにしています。


高知市の学生が「選挙」学ぶ

「解散」もささやかれるほど政局があわただしい状況の中、選挙の出前授業が高知市の専門学校で行われました。参加した学生からは「投票への意欲が増した。」という声が上がると同時に、投票率を上げるための意見も出ていました。

若者の政治離れが叫ばれる中、高知県選挙管理委員会は若い世代に選挙に関心を持ってもらおうと、職員が学校などで出前授業を行っています。きょうは高知市の高知開成専門学校で行われ、担当者が選挙制度や投票制度などを説明しました。そして投票にあたってはテレビやインターネットなどで情報を集めつつ、「情報の真偽を見極めてほしい。」と呼びかけました。授業では、実際の選挙を想定した模擬投票も行われました。受講した学生たちの半数近くが「投票に行ったことがない。」と回答していて、学生たちは模擬投票で、投票用紙を受け取ってから記入し投票するまでの流れを改めて確認していました。

「去年まで大学生で住民票を移していなかった。で、自動的に選挙に参加できなかった。投票するのに選挙人名簿への登録が必要ということを知らなくて、住民票を移していなかったが、住民票を移して3か月住めば投票ができるとわかったので、これから先、学校を卒業して県外へ出ることがあっても、必ず住民票を移して選挙に参加できるようにしたい。」(授業を受けた女子学生)

「投票は何度か行ったことがありますが自立的・自主的には行った事がない。投票の年齢など分からない点がいくつかわかって、投票に行く意欲がわきました。次回、投票が行われる際は投票会場に行ってみたいと思った。」(授業を受けた男子学生)

ところで、去年夏の参院選の投票率は、20代が30.96%、10代が32.28%と、他の年代に比べて低くなっています。衆議院の解散総選挙もささやかれる中、若者の投票率を上げるために、こんな意見も出ていました。

「選挙に参加するのにどうしても毎日忙しいじゃないですか、時間も決められているし。わざわざ選挙(投票)する場所に足を運ぶことが大変なのではと思う。なので、これからIT社会だし、ネットを使って投票できる制度が始まればもっと若い人も参加できるのでは。」(授業を受けた女子学生) 

「最近の若者はスマホなどに慣れているためそういうので情報提供を、SNSなどで伝えていけると興味がわくのではないか。」(授業を受けた男子学生)

県選挙管理委員会でも、若者と議員の座談会を設けるなど、さまざまなアイデアを出しながら若者の政治への関心を高めようと奔走しています。

「選挙出前授業は、選挙に興味を持ってもらうための1つの方法だと思うが、地域の課題を教材として、新聞とかを活用した授業にも発展させていければ。」(県選挙管理委員会 近森真人 書記)