KUTVニュース

少年兵が残したまんがと絵手紙 高知・香南市

今年は戦後75年の節目の年にあたります。戦時中、空を飛ぶことにあこがれ、海軍航空隊に入隊した高知市出身の少年が、戦死するまでに訓練の様子を描いたまんがなどが、高知県香南市の図書館で展示されています。

丁寧な字とゆかいな絵で構成されたまんがや絵手紙。描いたのは、19歳の時に特攻で戦死した、山﨑祐則さんです。山﨑さんは1925年・大正14年に高知市に生まれました。旧夜須町で育った山﨑さんは空を飛ぶことにあこがれ、16歳で海軍航空隊に入隊しました。

企画展では山﨑さんが海軍航空隊に入隊してから19歳で戦死するまでに家族に送った手紙や、訓練の様子を描いたまんがなど、およそ80点が展示されています。入隊してから戦死するまでの2年半の間、家族に100通以上の手紙を送っていたという山﨑さん。隊内の様子を絵手紙や漫画で家族に知らせていたようで、作品からはまめな性格で家族思いだった山﨑さんの、温かく優しい気持ちが伝わってきます。厳しいはずの隊内での様子が色鉛筆で塗られ描かれたまんがでは、なぜかほのぼのした雰囲気が醸し出されています。

戦死する前に、貯金通帳に書かれた遺書です。

山﨑さんはこの遺書を同期生に託していたといい、戦争の悲惨さと、山﨑さんの死への覚悟がうかがえます。

この企画展は香南市立野市図書館で、今度の日曜日、16日まで開かれていて、あすは休館日となっています。


地方創生担当相が高知県内視察

北村地方創生担当大臣が高知を訪れ、集落活動センターなど中山間地域の振興策を視察しました。

高知を訪れたのは北村誠吾地方創生担当大臣です。北村大臣は午前中、南国市の農業技術センターや本山町のモンベルアウトドアヴィレッジ本山を視察した後、午後、同じく本山町の集落活動センター汗見川を訪れました。

集落活動センターは、地域住民を主役に集落が連携し、人口減少が進む中山間地域の振興を目指した取り組みで、現在、県内に60か所あります。全国でも先進的な取り組みで、特にこの汗見川は2012年6月、県内で初めて設置されました。廃校した小学校の校舎を宿泊施設として利用しているほか、シソを加工し、地元の食品会社におろして、地域活性化につなげています。

施設を視察した後、センターの関係者らが、北村大臣にこれまでの地域の実情や取り組み内容を説明。Iターン、Uターンが増加したことや加工品を通じた地域の知名度アップ、地域の人たちのやりがいになっていることなど、成果を報告しました。

この後、北村大臣は香美市の林業大学校を訪れ、県が進める林業振興の取り組みや、林業大学校が担う担い手確保の取り組みなどを視察しました。

 


感染終息願い七夕かざり 高知・須崎市

高知県須崎市で毎年7月7日に開かれる七夕かざりが、新型コロナの影響で今年は今月25日の旧暦の七夕に合わせてきょうから始まりました。

10年目を迎えるすさき七夕かざり。例年、JR須崎駅から須崎市西町までの1キロあまりにわたって、小学生や保育園児たちが願い事を書いた短冊が彩ります。しかし今年は家族が訪れ3密になることを避けるため、市内9つの小学校の6年生と須崎保育園の年長組の園児およそ190人の短冊だけが飾られました。

「例年はもう少し大きい竹が並ぶんですけど、今年は短冊が少ないですね…さみしいけど仕方ないですね、今年はね。」(商店街の人)

須崎市の七夕かざりに欠かせないのが、古くから残る風習の1つ、藁で作られた馬「藁馬」です。雄雌一対で飾られ、五穀豊穣や疫病退散を願い作られたと言われています。今年のすさき七夕かざりには新型コロナの感染が拡大する今だからこそ、藁馬に終息の願いを込めたいという主催者の思いがあります。

例年は藁馬だけが展示されますが、今年は藁で作られた20点以上の生活道具が並び、古き時代の人と藁が密接な関係にあったことを感じ取ることができます。このほか、藁で作られた雑貨の販売に加え、今月15日と16日には藁馬を作るワークショップも予定されています。

会場は静かですが、短冊には例年以上に園児や生徒たちの強い願いが込もっています。すさき七夕かざりは今月30日まで開かれます。


猛暑での感染症・熱中症対策

きょう高知県内では、江川崎で今年最高の37℃を観測。5つの地点で最高気温が35℃以上の猛暑日となりました。週末にかけてさらに気温が上がる予想で、熱中症などに注意が必要です。

各地のきょうの最高気温は江川崎で37℃、四万十市中村で36.6℃、本山で35.6℃など県内16観測地点中5つの地点で猛暑日となりました。

「高知市のわんぱーくこうちです。午後2時を過ぎたんですが、手元の温度計は37度を超えています。とても暑いです。パークの入り口にはミストが設置されていて、暑さ対策がされています。」(伊與田愛結記者)

この暑さに動物たちも少しぐったりしている様子。シマウマもミストが出る日陰に身を寄せています。

わんぱーくこうちでは涼しさを求めて水遊びをする子どもたちで賑わっていました。

「暑い。プール入りたい。気持ちいい。」(男の子)
「気持ちいい。」(女の子)
「暑いです、涼しさを求めて。」(母親)

熱中症の危険が高まる暑さ。皆さん、どのような対策をしているのでしょうか?

新型コロナウイルスの感染防止対策と熱中症対策の二つが求められている異例の夏。今年の熱中症対策はどうすれば良いのでしょうか。医師に聞きました。

気象台によりますとあすから向こう1週間は高気圧に覆われおおむね晴れる見込みで、最高気温は平年より高く、かなり高い日もある見込みです。特に16日、日曜日は高知市の最高気温が37℃と予想されています。熱中症など健康管理に十分注意してください。