KUTVニュース

猟に出て行方不明の男性が遺体で見つかる

1日から山に猟に向かい行方がわからなくなっていた高知県香美市の59歳の男性が3日に遺体で見つかりました。何らかの理由で足を滑らせ谷底に落ちたと見られています。

遺体で見つかったのは香美市物部町大栃の藤原元さん(59)です。

南国警察署の調べによりますと藤原さんは1日の午前8時ごろ家族に「狩猟に行く」と言って家を出たまま行方が分からなくなっていました。藤原さんは1人でサルの駆除を行っていたと見られています。

2日、藤原さんの車が見つかった付近を中心に、3日朝から、警察と消防などがおよそ80人体勢で捜索。そして昼すぎ、近くを流れる物部川に浮く藤原さんの遺体を発見しました。

周辺の崖には人が滑り落ちたような跡があったことから警察は、藤原さんが何らかの理由で足を滑らせて谷底に落ちたと見て原因を調べています。