海と日本プロジェクトin高知県

プロジェクト情報
プロジェクト名

海と日本プロジェクトin高知県

メッセージ

幾多の冒険譚に満ちた「黒潮の海」を次世代に継承していくため、こども達が地元の海に触れ、海への親しみを育てる活動を行っています。

https://kochi.uminohi.jp/

第12話 7月8日(水)22:57~23:00放送 「おらんくの海」 第88太和丸・漁労長

高知市のタナスカの岸壁に停まる真新しい漁船、第八十八太和丸。

土佐市で遠洋マグロ漁業を営む太和が28年ぶりに製造したマグロはえ縄漁船です。

海に出れば10か月の長旅。出航に備え大量の荷物が運び込まれます。船の指揮を取るのは、この道40年の嶋﨑漁労長。

7月3日、大勢の人に見送られ、第八十八太和丸は白く輝きながら大海原へ。壮大な海での生活がまた始まります。