海と日本プロジェクトin高知県

プロジェクト情報
プロジェクト名

海と日本プロジェクトin高知県

メッセージ

幾多の冒険譚に満ちた「黒潮の海」を次世代に継承していくため、こども達が地元の海に触れ、海への親しみを育てる活動を行っています。

https://kochi.uminohi.jp/

第16話 8月12日(月)22:57~23:00 放送

高知市中心街。オーテピア内にある高知みらい科学館。こちらでは現在、「高知の海をカガクする」と題し海にまつわる不思議な世界を、科学の視点から見るユニークな展示が開催されています。

今回は高知みらい科学館の岡田 直樹さんを紹介します。


第15話 8月8日(木)18:50~18:55 放送

高知の食文化を語る上で欠かすことのできないカツオのたたき。

昭和60年、このたたきを県内で初めて真空包装にして、産地直送を始めた水産会社があります。

ユニークな見た目とは裏腹、パイオニアとしての誇りを胸に、日々美味しいたたきを焼くことに心血を注ぐ二代目に出会いました。

今回は多田水産の多田 拓浩さんを紹介します。

 




第12話 7月29日(月)22:57~23:00 放送

高知県西部の漁師町 黒潮町佐賀にある土佐佐賀産直出荷組合。
主に土佐沖で水揚げされた新鮮な魚を使用し、様々な加工品が作られています。
水産加工会社としては珍しく社員は女性のみ。また、そのほとんどは家庭のある主婦や母親達です。

今回は土佐佐賀産直出荷組合の浜町 明恵さんを紹介します。