アナウンスルーム

【質問に答えます】アナウンサーを志したきっかけ

【質問に答えます】

「なぜアナウンサーになろうと思ったのですか?

「アナウンサーになろうと思ったきっかけはありますか?

 

これは入社試験で必ず聞かれる質問ですね!

私の人生のターニングポイントは、とてもはっきりしています

テレビ高知の長寿番組、

「第40回歌って走ってキャラバンバンFinalに出場したとき、

ある記憶がよみがえってきたんです。

******************

高知の夏の風物詩だった、歌って走ってキャラバンバン🎤🎶

私が初めて出場したのは第29回、6歳のとき

八代亜紀さんの「もう一度逢いたい」を一生懸命歌いました。

なんと地区予選でキャラバン賞をいただき、 県立県民文化ホールで開催される決勝大会に出場することに❗️

ところが、前日のリハーサルでまさかの大号泣!

初めての大きなステージに「こわい」と思いました。

そんなとき、司会アナウンサーさんが笑顔で優しく「大丈夫!」と声をかけてくれました。

その瞬間、「こわい」という感情の奥に隠れていた、「歌うことが大好き」という想いがあふれ出しました😌

そして、本番ではいつも通り楽しみながら歌い、キャラバン大賞を受賞することができました!

客席からのあたたかい拍手と笑顔を、今も鮮明に覚えています。

**********************

高校2年生のとき、

40回歌って走ってキャラバンバンFinalに出場したことで、

6歳のときに抱いたアナウンサーへの憧れを思い出しました。

そして、私を育ててくれたこの高知で、

相手の気持ちを汲み取り、ありのままの姿や想いを引き出せるアナウンサーになりたいと思いました。

この思いは今もずっと大切にしています!

まだまだ手探りですが、いつか必ず達成したいと思います‼️

    

キャラバンバン(第30回)のときに撮った、藤﨑美希アナウンサーとの写真です☺️💕

(2枚目→決勝大会本番の2日前、前歯が抜けました)