アナウンスルーム

大学時代に見つけた“取り柄”

松岡葵です!

今日は「なぜテレビ高知アナウンサーになりたいと思ったのか」についてお話しします。

*********************************

大学4年間を過ごした東京。

周りは自分よりもずっとずっとすごい人たちばかり。

「自分って平凡なんだな」と感じ、

取り柄と呼べるものを探していました。

 

そんな中で、無意識のうちに“高知県民であること” を

心の拠り所にしている自分に気づきました。

カツオの藁焼き体験、土佐和紙づくり、田植えなど、

「高知にいるからこそできる経験」を通して養われた感覚や感性、

高知が大好きだという気持ちは、

他の誰とも比べることができない、

私の取り柄なんだと考えるようになりました。

 

みんなにも「高知にいるからこそできる経験」をしてほしい

そういった経験を通して、高知が大好きになってほしい

テレビ高知なら、放送を通じてそれができるかもしれない!

そう思い、応募用紙に名前を書きました😌

***********************************

大学4年間で、顔つきが変わったねと言われます(笑)

いらないプライドを捨て、自分をまるごと受け入れて、少しだけ大人になれたのかなと思います☆

ぜひ見比べてみてください🌸

 

大学1年の入学式と大学4年の卒業式