隈研吾展

 

開催期間・会場
2020年11月03日(火)〜2021年01月03日(日)9:00〜17:00(入場は16:30まで)
※12月27日(日)〜1月1日(金)は年末年始休館
高知県立美術館 〒781-8123 高知県高知市高須353-2
観覧料
一般 1,300 円(1,100 円)、高校生・大学生 800 円(600 円) 、小学生・中学生500円(300円)
※()内は前売り及び20名以上の団体割引料金。
※未就学児童は無料。
※年間観覧券所持者は当日料金の半額。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市の長寿手帳所持者は1,000円。
※第3展示室のみ無料でご覧になれます。
 
※前売り券の販売は終了しました。
 
チケット販売(当日券)
高知県立美術館
イーティックス https://e-tix.jp/kumakengo-kochi/
 

ご予約サイトはこちらから

 
本展は新型コロナウイルス感染拡大防止のための取り組みを行っております。混雑緩和のため予約サイトにてご予約の上、ご来館下さい。
ご予約無しの場合は当日受付となります。ご予約の方を優先しますので、混雑時は入場をお待ち頂く場合があります。

 
隈研吾氏のプロフィール
1954年生。東京大学建築学科大学院修了。コロンビア大学客員研究員を経て、1990年隈研吾建築都市設計事務所設立。2009年より2020年3月まで東京大学教授。2020年4月より東京大学特別教授。1964年東京オリンピック時に見た丹下健三の国立屋内総合競技場に衝撃を受け、幼少期より建築家を目指す。その土地の環境、文化に溶け込む建築を目指し、ヒューマンスケールのやさしく、やわらかなデザインを提案。また、コンクリートや鉄に代わる新しい素材の探求を通じて、工業化社会の後の建築のあり方を追求している。これまで20か国を超す国々で建築を設計し、日本建築学会賞、毎日芸術賞、芸術選奨文部科学大臣賞、国際木の建築賞(フィンランド)、国際石の建築賞(イタリア)等、受賞多数。
高知の皆様へのメッセージ
僕が事務所を始めて、バブルがはじけたりして大変なことがあったちょうどその時に、梼原町で、自分の建築の方向性とでもいうべきものを見つけることができました。ものすごくお世話になり、思い出もたくさん詰まった高知県という場所で展覧会ができるということを、楽しみにしています。 隈研吾
Message to the people of Kochi
When I started my office, the economic bubble burst and other difficult times came around, and in Yusuhara, I was able to find what I would call the direction of my architecture. I am looking forward to holding an exhibition in Kochi Prefecture, a place that has helped me tremendously and is filled with memories. Kuma Kengo

 

主催:隈研吾展高知実行委員会、東京国立近代美術館、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会
後援:高知県、高知市、高知県教育委員会、高知市教育委員会、高知新聞社、KCB 高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知シティ FM