アナウンスルーム

歌がつないでくれた大切な宝物

サックスプレーヤー・寺本英彦さんの

プロ60周年記念リサイタルの司会をさせていただきました。

寺本さんは、数々の有名歌手のバックバンドで伴奏を務めたほか、

北島三郎さんの元バンドマネージャーでもあるんです!

縁あって、30年ほど前に高知に移住され、

現在は、医療関係施設などで演奏しています。

私が子どものころから歌っていたこともあって、

寺本さんとは、歌をきっかけに、20年以上前に出会いました。

御年83歳!見えませんよね!!お若い!!!

ステージは、北島三郎さんの「北の漁場」や、昭和歌謡、ジャズ、

映画音楽など、多彩なプログラムで、会場は懐かしい雰囲気が漂い、

まさに、「魅惑のテナーサックス」でした♪

そして、寺本さんに、

「久しぶりに歌聞かせてよ」とお声がけいただいたので、

私と同じ年に誕生し、大ヒットとなった名曲「for you・・・」を

歌わせていただきました。(←これが前回のブログの理由です)

今回、司会の依頼をいただき、前日まで緊張していたのですが、

寺本さんはもちろん、ご家族や、音響の方、照明の方など、

皆さんが一体となって、「素敵なものにしよう」

というのが伝わってきて、すごく感動し、

この人生の大切な節目に、私も関わらせていただけたこと、

本当にありがたく、感謝してもしきれません。

そして、満員御礼。

お客さんの中にも知っている方がいて、

初めましての方もたくさん声をかけていただき、

この日は、コロナ禍で人となかなか会えなかった

ストレスみたいなものが一気に吹き飛んだ一日でした。

私は歌手になりたくてなれなかった人間ですが、

歌をやってて良かった、高知にいて良かった、アナウンサーで良かった、

と、改めて思ったことでした。

そして、「何かを続けることの意味」。

どんなことがあっても、サックスを続けてこられた寺本さんの姿を見て、

考えさせられました。

歌がつないでくれた宝物、これからもずっと大切にしていきます。