KUTVニュース

高知県 スポーツ振興に向けて課題を整理

スポーツを通じて豊かに暮らせる社会の実現に向けて高知県は、課題を整理しました。

県内では、週に1度以上、スポーツを実施している人が4割にとどまっていて習慣化を図る必要があるほか、障がい者スポーツや観光振興に向けたスポーツツーリズムの充実・活性化が求められています。このため県は、スポーツ参加の拡大、競技力の向上、スポーツを通じた活力ある県づくりを柱とする推進計画を策定しています。きょうは幹部会議を開き、課題を確認しました。具体的には、リモートによるスポーツイベントについて機器の操作が不安な団体があること、高知ファイティングドックスや高知ユナイテッドSCの試合について入場客の減少が見込まれるため、さらなるPRが必要なことなどが挙がっていました。

県は今後も計画の強化を図る方針です。