KUTVニュース

ゴルフ場で数十年に一度のリュウゼツランの花

数十年に一度しか花を咲かせないリュウゼツランが高知県芸西村のゴルフ場に姿を現しました。

芸西村にあるKochi黒潮カントリークラブ・黒潮コースの6番ホール。空に向かって真っすぐに伸びるのは・・・リュウゼツランです。高さはおよそ8メートル。人と比べるとその様子が、よくわかります。リュウゼツランは数十年に一度しか花を咲かせず、咲いた後は枯れ、一生を終えます。Kochi黒潮カントリークラブによりますと、およそ15年前に他のホールでも咲いたことがあるといいます。今回は2週間前から咲き始めたということで、ひときわ存在感を放っています。

「プレーに来られる方は黒潮コースの6番、非常に珍しい花ですのでプレーしながら愛でていただきたい。」(Kochi黒潮カントリークラブ 浦松裕二郎常務取締役支配人)

リュウゼツランはこれから、2週間ほど楽しめるということです。