KUTVニュース

想像性豊かな書の作品並ぶ 高知市で展示会

漢字や詩を書で表現した創造性豊かな作品の数々が並ぶ展示会が高知市で開かれています。

県内の書道愛好家らでつくる高知県独立書人団は漢字や詩を書で表現した作品の数々を並べた展示会を毎年開いています。こちらは、奨励賞に選ばれた作品です。「はしる、たのしむ」などの意味を持つ漢字「逸」を、緩急のある筆遣いで表しています。小学生から90代まで幅広い世代が墨の濃さや筆運び、余白の使い方などを工夫して作品を仕上げています。

「おひとりおひとりが独自の感性と個性でいろいろな手法で書をかかれている。訴え、メッセージをどういう形で造形しているか、多様性を見ていただけたらうれしい」(高知県独立書人団 研究部冨岡豊英さん)

「高知県独立書展」は高知市文化プラザかるぽーとで今月18日まで開かれています。