KUTVニュース

高知医療センター 赤字から一転黒字見込みへ

高知医療センターを運営する県・高知市病院企業団の昨年度決算が黒字の見込みです。

センターについては新型コロナ対応がとられる中一般の検診や受診控えが目立ち経営が悪化。しかし感染症対応を優先し病床を確保した結果、国と県から補償金およそ31億7千万円を受けることになり当初7億円以上とされた赤字から一転、およそ8億円の黒字が見込めることになりました。

きょうの会議では小野憲昭病院長が「夏休みとオリンピックから都市部で感染が拡大し、地方に波及してくることが心配されるがどんな状況でも感染症指定医療機関としての責任を果たす」という考えを示しました。