KUTVニュース

高知市 55〜59歳のワクチン接種券を発送

新型コロナのワクチン接種について、高知市はきょうから55歳から59歳までの2万人を対象とする接種券の発送を始めました。

当初、高知市では今月9日に50歳から59歳までの4万3千人に接種券を発送する予定でしたが、ファイザー製ワクチンの供給が安定しないため、計画を後ろ倒しにしました。接種券を受け取った人は今月25日から接種が受けられます。高知市によりますと、今後も国からのワクチンの供給量は、これまでを下回る見込みですが、大きな影響はないということです。

「ワクチンの量は県とも調整して確保している。できるだけ混乱のないよう、接種が遅れないよう、きめ細かな対応をしていきたい。」(高知市ワクチン接種推進担当 植田耕太郎副参事)