KUTVニュース

伝統アユ漁を小中学生が体験 高知・四万十市

水中を元気に泳ぎ回るのはアユです。四万十川の支流、後川では四万十川中央漁協の協力でアユ漁の体験学習が行われました。

地元の子ども達に伝統の漁法を知ってもらうことが狙いで、囲いの中にはおよそ400匹のアユが放されました。中学生と小学校高学年の児童が体験するのは「しゃくり漁」。“しゃくる”ように引っ掛けてアユを捕ります。中学生たちは箱メガネで水中を覗きながらアユを狙っていました。

「楽しいです。捕れて引っ張られる時が…。」(生徒)

低学年の児童はアユのつかみ捕り挑戦しました。捕まえたアユは河原で塩焼きに・・・。子どもたちはおいしそうに味わっていました。

「普通で食べるよりおいしいです。」(生徒)

「う~ん、うま!やっぱりおいしいですね、アユは…。」(生徒)

夏空が広がる中、子ども達は、川での体験を楽しんでいました。