KUTVニュース

仁淀川3年連続水質日本一 四万十川も2年連続

川の水質保全のため全国で毎年行われている水質調査で、高知県の仁淀川が3年連続で、四万十川が2年連続で日本一に輝きました。

この水質調査は高度経済成長期に川の水質が悪化したことに伴い、1958年からはじまりました。全国159の一級河川を対象に国土交通省が毎年行っていて、仁淀川が3年連続で日本一の水質に選ばれました。

国土交通省によりますと、仁淀川の水質は簡単な浄化で飲料も含む生活水として利用可能な数値だということです。また、四万十川も同じ数値で、2年連続の日本一となっています。