KUTVニュース

70万円を横領した疑い 自主防災組織元会長を逮捕

自主防災組織の金70万円を横領した疑いで、70代の元会長が逮捕されました。

逮捕されたのは、住所不定・無職の西村博明容疑者です。高知東警察署の調べによりますと西村容疑者は、薊野西泉地区自主防災会の会長を務めていたおととし11月から去年2月にかけて、防災会名義の銀行口座からあわせて70万円を引き出して横領した疑いが持たれています。西村容疑者は、2017年7月に町内会のメンバーに自主防災会の立ち上げを提案。2019年5月、「防災道具の購入のため、町内会費から70万円を立て替えたい。市から補助金が出る」と説明し、町内会から防災会の口座へ70万円の振り込みを受けました。西村容疑者は発電機などの防災道具を購入。市からは70万円の補助金を受け取りましたが、その70万円を横領したと見られています。

調べに対し西村容疑者は「間違いありません」と供述していて、警察は金の使い道や余罪について捜査を進めています。