KUTVニュース

海沿いの道路脇に・・・落し物は○○!?

高知市の県道に思いもよらないものが落ちていました。

通称=花海道に落ちていたのは、サメ。まだ小さいですが、口には鋭利な歯がしっかりと残っています。

海に遊びに来ていたこちらの2人組。午後0時半ごろには落ちていなかったといいます。

近くには桂浜水族館がありますが、水族館によりますと、サメは飼育しておらず、「もし搬出、搬入するなら生きたままなので、落とすことはない」とのこと。県道路課に取材をすると、花海道以外に弘化台の市場の近くにも、一匹落ちていたことも分かりました。いずれも、夕方の時点では誰かが回収していたということです。

県漁協によりますと、シュモクザメは定置網などにかかることもあり、「どこかで競りにかけられ、運搬中に落ちたのでは」との見解も。ちなみに、高知南警察署に「落し主」からの連絡はきていません。