KUTVニュース

翼に願いをこめて 空港で七夕イベント

7月7日の七夕を前に高知龍馬空港では七夕のイベントが開かれています。短冊に込めた願い事は空を飛んで天まで届くかもしれません。

日本航空は「七夕イベント」としてきょうから高知龍馬空港の受付カウンターに笹と短冊を飾り付けています。このイベントは搭乗客に七夕の気分を味わってもらおうとおよそ20年前から行われていて早速空港を訪れた人が思い思いに短冊に願い事を書き込んでいました。

「孫が生まれたので、赤ちゃんが元気に育ちますようにとお願いしました。とても今の時期良いと思います。」(訪れた人)

イベント期間中はサプライズで搭乗への感謝の気持ちと七夕の願い事が叶うようにという思いを込めたメッセージカードが手荷物に取り付けられます。カードはすべてスタッフによる手書きで、先月から準備を始め、およそ150枚書き上げました。

「(コロナ禍で)不安を感じる方が多くいらっしゃいますが、このイベントを通して多くの方に、空港に足を運んでいただければ良いかと思う。短冊に込められた願いがかなえばいいと思っています。」(日本航空 高知空港所 旅客担当 中川夏鈴さん)

この日本航空の七夕イベントは今月7日まで開かれていて、願いが込められた笹と短冊は、飛行機に乗って宮城県の神社に奉納される予定です。