KUTVニュース

高知県議会 新型コロナ条例を審議

高知県議会では、新型コロナに関連する2つの条例案について、意見が交わされました。一つは、自民党・公明党・一燈立志の会・県民の会が会派を超えて提出していて、県の責務と県民の役割を明らかにし、県民全体で新型コロナに立ち向かおうという内容。

もう一つは、日本共産党が提出していて、医療機関や福祉施設での定期的な大規模検査を推進するといった内容です。

審議の結果、会派を超えた条例案が、全会一致で可決されました。