KUTVニュース

6月県議会開会 職場接種受け付け停止「機動的に対応」

高知県議会6月定例会が開会し、100億円あまりの補正予算案が提出されました。国が発表したワクチンの職場接種の受け付け停止について濵田知事は、「機動的に対応する」と述べました。

県議会6月定例会には、100億6400万円の補正予算案が提出されました。高知新港客船ターミナルで県が実施する大規模な職場接種や、感染防止対策を行った店舗への、県独自の認証制度の費用などが盛り込まれています。

濵田知事は、きのう国が発表した職場接種の受け付け停止について触れました。県内でおよそ3万7000人分の申請が受理されていると明らかにした上で、機動的に対応すると述べました。

「今後、ワクチン配給にあたって調整される可能性が出てきた。国に対し必要なワクチンの配給を要望すると共に、高知市を初めとする関係市町村と協議の上、引き続き職域接種支援の観点から機動的に対応していく。」(濵田知事)

県議会6月定例会は来月8日までです。