KUTVニュース

高知ユナイテッドSC 雷雨延期のホーム再戦 勝利ならず

先月、雷の影響で中断した高知ユナイテッドSCのホーム戦の再試合が行われ、2-0で敗れました。選手たちはホーム戦で勝つことの重要性を改めて感じていました。

春野陸上競技場で行われた高知ユナイテッドSC対奈良クラブの一戦。先月1日に行われた試合が雷の影響で中断となり、きょう高知ユナイテッドSCが1点ビハインドの前半10分から再開されました。

同点に追いつきたい高知ユナイテッドSCはサイドからの攻撃を中心にゴールに迫りますが、得点に結びつけられません。黒潮町出身のゴールキーパー、井上が好セーブで危ない場面をしのぐなど、1-0のまま前半を折り返します。

しかし後半35分。

追加点を許してしまいます。

チームは今シーズン初出場の大卒ルーキー2人を投入するなど、巻き返しを図りましたが、このまま試合終了。高知ユナイテッドSC、リーグ戦連勝とはなりませんでした。西村昭宏監督が退場による出場停止期間中だったため、吉本岳史コーチがチームの指揮を取りました。

「今までにないくらいサイド攻撃が多かった。新しい攻撃のオプションになった。サッカー文化を作るためにはホームで絶対勝たないといけない。」(吉本岳史コーチ)

高知ユナイテッドSCの次の試合は今月26日、アウェイ=静岡でHonda FCと対戦します。