KUTVニュース

移動販売で「地域見守り」へ協定

中山間エリアを中心に車で「移動スーパー」を展開する量販店が、高知県警と地域の見守り活動を強化するための協定を結びました。

協定を結んだのは、量販店「サニーマート」です。サニーマートは、中山間エリアを中心に移動スーパー「とくし丸」での販売事業を展開しています。県警によりますと、特に中山間エリアでは交番や駐在所だけでは住民の対応に限界があるため、このほど協定を締結し、移動スーパーの地域密着性を生かした見守り活動に力を入れることになりました。協定の締結によって移動スーパーの販売員は、事件・事故に巻き込まれそうな人を一時的に保護したり、ドライブレコーダーの映像を県警に提供したりする役割を担います。

サニーマートではこれまでに24台の移動スーパーで販売事業を展開していますが、きょうは協定の締結を受けて、新たに導入される25台目の移動スーパーにステッカーが貼られました。

「子どもの見守り活動や、高齢者などを事件・事故から守る活動に積極的に関わっていきたい」(新しい移動スーパーの販売員 箭野貴是さん)

サニーマートでは、全ての移動スーパーにドライブレコーダーを完備するほか、店舗の入り口にもステッカーを貼り、「地域の安全・安心に貢献したい」としています。