KUTVニュース

器物損壊容疑で高知工科大学の教授逮捕

経営学やマネジメント学を専門とする高知工科大学の教授が大学の駐車場で男性の車に傷を付けた疑いで、逮捕されました。

逮捕されたのは高知市はりまや町に住む高知工科大学の教授桂信太郎容疑者(47)です。高知警察署の調べによりますと桂容疑者は、先月9日、勤務先である高知工科大学・永国寺キャンパスの駐車場で男性が所有している車の左側部分に線状の傷をつけた疑いが持たれています。男性からの被害届を受け、警察が防犯カメラの映像を解析するなどした結果桂容疑者が犯行に及んだ疑いが強まったとして逮捕しました。調べに対し、桂容疑者は「私には全く身に覚えがありません」と容疑を否認しているということです。高知工科大学によりますと桂容疑者は教授として経営学やマネジメント学の授業を担当していたということです。

逮捕を受け、磯部雅彦学長は、「今後も警察の捜査に全面的に協力し、その結果を待って大学として適切に対応したい」とコメントしています。