KUTVニュース

64歳以下へ新型コロナワクチン接種開始 高知・三原村

新型コロナワクチンの高齢者への接種が、ほぼ終わった高知県三原村は、きょうから64歳以下の住民へのワクチン接種を始めました。

三原村は村内の65歳以上の高齢者680人にワクチン接種の意向を調査。先月6日から村が日時を指定して個別の接種を行い、きのうまでに、希望者した591人のうち566人が2回の接種を終えました。残る25人についても村は、引き続き接種日を調整して対応します。このため村は、きょうから、64歳以下の住民への接種を始めました。16歳から64歳の住民は668人で、事前の調査で把握している基礎疾患のある年長者から順にワクチンの接種を行います。接種会場となっている診療所では、医師が服用している薬やアレルギーの有無などを確認した後接種をしていきました。

「打ったほうが良いので積極的に来ましたけど、早く2回目を済ませたいと思います。」(接種を受けた人)

「1回目なのでどうか分かりませんが、2回目を受けて効果がどうあるのか期待したいと思います。」(接種を受けた人)

きょうは予定されていた54人が接種を受けました。村では、出来るだけ早く希望する住民の2回の接種を終えたい考えです。