KUTVニュース

還付金詐欺 高知市の60代女性が200万円被害

「健康保険の払い戻しがある」などといった電話をきっかけに、高知市の60代女性が200万円あまりをだまし取られていたことがわかりました。

高知県警の調べによりますと、今月11日、高知市の60代女性の自宅に「健康保険の払い戻し金がある。近くのATMで手続きができる」などと電話がありました。女性はATMに誘導され、男から電話で指示を受けながらおよそ100万円を振り込みました。翌日も女性の自宅に「手続きがエラーになっている」などと電話があり、同様にATMに誘導された上、さらにおよそ100万円を振り込みました。通帳に記帳した際、口座から200万円あまりが振り込まれていることを不審に思った女性が金融機関に相談し、被害が発覚しました。県内では今年、7件の特殊詐欺被害があり、被害総額はおよそ870万円となっています。

県警は「ATMで還付金を受け取れるような電話がかかってきた場合は、すぐに警察へ相談するように」と呼びかけています。