KUTVニュース

鳥獣保護法違反の容疑でメジロ飼育の男を逮捕

捕獲が禁止されている野鳥のメジロを、飼育した疑いで、70代の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、高知市の北村祥雄容疑者(74)です。高知南警察署の調べによりますと北村容疑者は、捕獲が禁止されているメジロ15羽を捕まえ、自宅で飼育した鳥獣保護法違反の疑いが持たれています。警察は、「メジロを多数飼っている世帯がある」という通報を受け、北村容疑者の自宅を捜索したところ風呂場と寝室から15羽を押収したということです。

調べに対し、北村容疑者は、「私が山で捕ってきた。」と容疑を認めています。鳥獣保護法違反をめぐって去年、県内では、6件が摘発され、容疑者はいずれも60歳以上、主な動機は鑑賞目的だということです。

高知南警察署は今後、北村容疑者の動機を調べる方針です。