KUTVニュース

全国知事会 濵田知事「柔軟な職場接種」要望

47都道府県の知事で構成される全国知事会のオンライン会議が開かれました。濵田知事は新型コロナの職場接種について手続きをより簡素化し、現場で柔軟に対応できるよう要望しました。

会議では各地の知事から新型コロナのワクチンについて「配分量やスケジュールなどを早期に明らかにしてほしい」など、国への要望が相次ぎました。濵田知事は午後に発言し、県内でも予定されている新型コロナワクチンの職場接種について言及しました。厚生労働省によりますと、職場接種をめぐっては「接種できる会場は1か所」などの制約があることから、濵田知事は、手続きをより簡素化し現場で柔軟に対応できるよう要望しました。

「高知県のように東西に非常に広い県では『1か所で従業員を集めるのが大変』という声を聴いている。この辺も弾力的に複数個所の設置ができないかと」(濵田省司知事)

県内での職場接種は、大学などで実施できるよう準備が進められていますが、濵田知事は「職場接種によってより接種のスピードが上がる」と期待を寄せています。

「高知県は今まで地域主体で接種を進めてきたが、高知市を中心とした都市部では職域接種でさらに後押しをして頂ければ接種のスピードが速まる。県内の企業の皆様には積極的に対応をお願いできれば」(濵田省司知事)