KUTVニュース

圧巻!のいちあじさい街道 高知・香南市

高知県内の有数のアジサイの名所、香南市の「のいちあじさい街道」のアジサイが今、見頃を迎えています。

田園が広がるこちらの「のいちあじさい街道」には20~25種類、1万9000株のアジサイが植えられています。斜面に色づくアジサイの長さは1.2キロにも及び、人気スポットになっています。

今年は例年より一週間ほど早く咲きはじめ、今が満開で見ごろです。きのうは天気も良く色とりどりのアジサイを写真におさめようとする人たちでにぎわいを見せていました。

「ここがすごいきれいって人気がある所だったので初めて来ました。花びらとかも全然違うし色もきれい、癒やされますね。」(訪れた人)

「きれいだし良く手入れされているなと思って感心しました。気持ちが明るくなりますね。」(訪れた人)

今はアジサイで彩られたこちらの水路ですが25年前はタイヤや冷蔵庫などの不法投棄が相次いでいました。そこで地元男性の2人が不法投棄を減らそうと互いに端からアジサイを植え始め、一つの街道へと生まれ変わりました。

そのうちの一人が、現在でもアジサイを守り続けている横田博さんです。「のいちあじさい街道を守る会」のメンバーと一緒に、一年を通じて枝の剪定や草引きなどの手入れを行い、見ごたえのあるあじさい街道を作り上げています。

横田さんのおすすめのアジサイがこちらのアナベルです。咲き始めの花が小さいうちはグリーン色で花が大きくなるにつれ色が白色へと変わっていきます。

まるで夜空にパッと打ち上がる花火を連想させるということで名づけられた「隅田の花火」も風流です。

「見て『きれいなね』と言ってくれたらそれが一番嬉しいですね。新しい(アジサイ)を植えますのでまた見に来て下さい。」(のいちあじさい街道を守る会 横田博 会長)

のいちあじさい街道は今月中旬まで楽しめるということです。