KUTVニュース

高知市ワクチン接種 6月15日から7月4日までの予約受け付け開始

高齢者を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種について、高知市は新たに今月15日から来月4日までのおよそ7200回分の予約の受付を始めました。

毎週月曜日に高齢者ワクチン接種の新たな予約枠を公開している高知市は、きょう、今月15日から来月4日までのおよそ7200回分の予約受付を始めました。高知市によりますと接種の対象となる高齢者およそ9万5000人のうち、これまでに5万9000人が1回目の予約を完了していて、きょうの公開分で「高齢者の7割」の予約枠が計画通り確保できたことになります。一方で電話がつながりにくく、いまだに1回目の予約が取れていない高齢者もいるため、きょうの公開分が埋まった後は、土曜と日曜に行う「集団接種」でも1回目の接種予約を受け付けるということです。

接種は現在93の医療機関で行われていますが、高知市はさらに医療機関を増やす方針で、今後は月曜日を待たずに、調整がついた医療機関から予約を受け付けるということです。また高齢者以外の接種について高知市は、年代を分けて予約を受け付ける方針で、7月になってから予約券を発送し、8月中にも接種を始めたい考えです。