KUTVニュース

甘~いとうもろこしはいかが? 高知・いの町

黄色くつやつやと輝くトウモロコシ!高知県いの町枝川の通称「きび街道」では、初夏の味覚・トウモロコシの販売が始まっています。

4つの露店のうち40年以上の歴史を持つ「水田青果」では、朝5時に収穫したばかりの新鮮なトウモロコシを生と茹でた状態で販売していて、今の時期、朝から大勢の人で賑わいます。きょうも朝8時から販売を始めましたが、わずか1時間ほどで売り切れの看板が・・・

「毎年楽しみにしている方がいて、始まる前から電話も鳴っています。今年は天気が悪くて実は小ぶりだけど味は甘くておいしいのでぜひ皆さんに食べてもらいたいです。」(水田青果 水田房子さん)

水田青果のトウモロコシはゆで時間15分が食べごろで、塩を多めに入れてゆでるのが美味しく食べるポイントだと言います。店の周辺はトウモロコシの甘い香りがいっぱいに広がっています。

「すごい楽しみです!家に帰って家族と一緒に食べようと思います。」
「きのうも来たけどきのうは来たのが遅かったので売り切れで、今日は早めに来ました!」
「今日は10本買いました!高知のトウモロコシで枝川のものが一番甘くておいしいと思ってるのでこの時期になると毎年買いに来てます!」(買い物客)

水田青果のトウモロコシの収穫・販売は今月末ごろまで行われます。