KUTVニュース

あすから高知市の飲食店従業員 PCR検査実施へ

高知県はあすから4日間、営業時間短縮を要請している高知市の飲食店従業員を対象に大規模なPCR検査を実施します。市中感染の状況確認と感染拡大の防止が目的です。

PCR検査の会場となるのは、高知市の中央公園です。あすから6日までの4日間行われ、高知市の飲食店で働く無症状の従業員1000人が対象です。きょう、報道陣に会場が公開されました。

検査では業種や持病の有無、勤務先の飲食店などを問診票に記入し、検査キットを受け取った後、だ液を採取します。個人情報を登録するため、免許証など本人確認ができる書類が必要です。検体は県外の調査機関に送られ結果は1日から2日後にメールで通知されるということです。一斉検査の背景には、高知市での感染拡大があります。マスクなしの人とふれあう機会の多い飲食店の従業員を対象とすることで、県は市中でのウイルスの広がりを確認することと、今後の感染拡大の防止につなげたい考えです。

検査は4日間とも午前10時から午後6時まで行われます。検査数は1000件を予定していますが、1000件を超えそうなら随時追加するということです。検査費用は無料です。