KUTVニュース

高知県四万十市で酒米の田植え

高知県四万十市で先日、地域ブランド酒の原料となる米の田植えが行われました。

四万十市北部の山に囲まれた富山地域は四万十川水系の伏流水を用いた米作りが盛んです。さらには地域のブランド酒の酒米も栽培されていて、今年は「吟の夢」という酒米を6軒の生産者が育てます。こちらでは先週、豊作を願って神事が行われ生産者や地元の小中学生らが田植えをしました。

「楽しいです。」

「気持ちいいです。」

「元気に、すくすく育ってくれたらうれしいです。」

稲は順調に育てば9月に収穫され、四万十市の藤娘酒造が純米吟醸酒を造ります。酒のオーナーは600口まで受け付けるということです。