KUTVニュース

高知市高齢者ワクチン 7月4日までの予約枠公開

高齢者を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種について、高知市は新たに来月28日から7月4日までのおよそ7600回分の予約枠を公開しました。

高齢者のワクチン接種について、高知市は毎週月曜日に予約可能枠を公開していて、きょう新たに来月28日から7月4日までのおよそ7600回分の予約受け付けを始めました。予約は電話とインターネットで受け付けていて、高知市役所のコールセンターでは朝から職員らが対応に追われました。

市によりますと接種の対象となる高齢者はおよそ9万5000人で、このうち予約が取れているのは、先週の時点で4万8000人です。接種は現在73の医療機関で行われていますが、市は接種可能な医療機関を増やせるよう高知市医師会と調整しているということです。

「高知市の予約枠は当初の計画通り枠の公開を進めている。接種可能な医療機関を増やすように調整を進めているので、今後準備ができ次第、皆さんにお知らせしたい。」(高知市地域保健課 ワクチン接種推進担当 植田耕太郎副参事)    

また高知市は、2回目の接種予約が取れていない人を対象とした集団接種を来月12日と13日に予定しています。対象者は2日間で1800人で、市はきょう対象者に通知書類を発送しました。