KUTVニュース

高知県内 強い雨観測

低気圧と梅雨前線の影響で、高知県内では局地的に強い雨が降りました。県内に出ていた大雨や洪水の注意報は解除されましたが、気象台は引き続き、強い風や高い波に注意するよう呼び掛けています。

梅雨前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、県内では大気の状態が非常に不安定となりました。午前9時ごろまでの1時間に清水で25.5ミリ、土佐清水市三崎で21.5ミリの強い雨を観測しました。またきのうの降り始めからの雨量は、仁淀川町鳥形山と須崎、佐川で100ミリを超えています。

発達した雨雲は東に抜けつつあり、県内に出ていた大雨や洪水の注意報はさきほど解除されました。ただ、風が強く、波の高い状態が続く見込みで、気象台が注意を呼びかけています。