KUTVニュース

高知市と四万十市 きょうから営業時間短縮へ

新型コロナの感染拡大による「特別警戒」を受けて、高知市と四万十市の飲食店などでは、きょうから営業時間短縮の要請期間が始まります。

県内では1週間以上にわたって、新型コロナの感染が2桁で確認されています。県は、会食に伴う感染拡大を指摘していて、きょうから、高知市と四万十市の飲食店やカラオケボックスなどに対し、営業時間を午後8時までに短縮するよう要請しています。協力した店舗に対しては1店舗・1日あたり2万5000円から7万5000円までの協力金を支給することにしています。

高知市の観光名所・ひろめ市場は、きのうまでは午後10時まで営業していましたが、県からの要請を受けて月曜日から土曜日は午前10時から午後8時まで、日曜日は午前9時から午後8時までに営業時間を短縮します。

「午後7時半~8時は客が来る時間。閉まる時間が早くなると困る。(1日の売り上げは)7万~8万くらい減る。」(ひろめ市場内店舗 店主)

ひろめ市場は要請期間が終わった来月9日以降から通常営業とする方針です。