KUTVニュース

梅雨の晴れ間 どろんこで田植えに挑戦

きょうの高知県内は梅雨の晴れ間となりました。高知市では園児たちが、田植えに挑戦。たくさんの笑い声が田んぼに響き渡りました。

田植えに挑戦したのは高知市の芸術学園幼稚園と桜井幼稚園の園児およそ90人です。園では近所の農家から300坪の田んぼを借りていて、毎年この時期に食育学習の一環として園児の田植え体験を行っています。初めての田んぼに子どもたちは大はしゃぎ。

泥の感触をたっぷり楽しみました!

そしていよいよ、田植えに挑戦です。

「この日を楽しみにしていた園児たち。額に汗をにじませながら懸命に苗を植えていきます。」(中元アナウンサー)

田んぼには保護者も駆け付け、わが子の貴重な体験を写真に収めていました。

「きれいに撮れてないけど・・・コロナかで色んなことが規制される中で我慢をせずに、年長の時期は今しかないので一瞬を楽しんでほしい。」(保護者)

「楽しかった。植えるところ。」
「泥んこになった。」
「苗を植えるのが大変だった。」(園児)

園児たちは9月下旬に稲刈りを行います。できた米はその後、給食に登場するということです。