KUTVニュース

感染症専門家に聞く 高知県内の現状

感染の急拡大を受け、高知県感染症対策協議会の吉川清志会長は現状をこう分析します。

「現在の状況は1、2週間前の状態、連休中の状態が燻っていて急に2ケタの感染確認が続いている状況。今から注意して少なくなるのに1、2週間かかると思う。」(吉川清志会長)

(Q.対応ステージ引き上げについて)
「適切な時期だと思う。遅れるとよくないので、適切な時期にステージを上げて県民全員に感染防止の意識を高めてもらうことは意義がある。」(吉川清志会長)

飲食店などへの営業時間の短縮要請については、

「一定の効果はあると思うが、根本的には感染防止対策を1人1人がするということになる。(営業時間の短縮要請は)感染の場を減らす効果はあるが、すべての人が基本的な感染防止対策をきちんとやることが大切」(吉川清志会長)

感染確認の増加、そして、対応ステージの引き上げを私たちはどのように受け止めれば良いのでしょうか。

「高知県にも第4波が来て感染者が増えている。きょうからより一層対策を心がけて、感染者が多い期間を短くして、ぜひ協力してもらいたい」(吉川清志会長)