KUTVニュース

新型コロナ 高知県内で新たに15人感染確認

新型コロナウイルスについてです。きょう高知県内で新たに15人の感染が確認されました。

新たに感染が確認されたのは10歳未満の小学生から60代までの男女15人です。いずれも症状は軽く、感染経路が分かっていないのは3人です。このうち幡多福祉保健所管内の船でのクラスターでは新たに乗組員1人の感染が確認され、合わせて9人となっています。また、県の産業振興推進部の30代の男性職員の感染も確認されました。男性職員は県民とは接触しておらず、濃厚接触者は県庁内にはいないということです。

県の発表とは別に、須崎市は吾桑保育園の職員1人の感染が確認されたと発表しました。園児26人と職員13人の検査を行っていて、園はあさってまで休園するということです。

県内の感染確認は1281人となり、重症の患者が3人、中等症の患者が6人となっています。病床の占有率は37、5%です。また県は今月17日から23日まで52人の変異ウイルス検査であらたに47人の陽性が確認されたと発表しました。変異ウイルス感染確認はこれで211人となりました。